【千と千尋の神隠し】久石譲『あの夏へ』弾いてみた | コード進行と楽曲分析、オーケストラ

Keigo

どうも、Keigoです!

映画「千と千尋の神隠し」の『あの夏へ』が良い曲すぎるのでオーケストラを打ち込んでみた。

ちなみに、アリアナ・グランデも「千と千尋の神隠し」のファンらしい。

スポンサーリンク
目次

「あの夏へ」オーケストラで弾いてみた

【YouTube】千と千尋の神隠し『あの夏へ』弾いてみた【ピアノ&オーケストラ】

ピアノはリアルタイム演奏でその他のオーケストラは打ち込みです。一人で「久石譲ごっこ」ができる素晴らしい時代になったものだ。

【YouTube】MIDIの可視化バージョン

「千と千尋の神隠し」は台湾の九份(きゅうふん)がモデルになったというのは嘘らしい?

九份はバックパッカーで世界一周していたときに行きました。

Keigo

確かに「千と千尋の神隠し」っぽいよね笑

楽曲概要

  • 「千と千尋の神隠し」より「あの夏へ」オーケストラ編曲「One Summer’s Day」
  • 発売:2010年
  • 時間:4分04秒
  • 演奏:久石譲 & ロンドン交響楽団
  • 作曲:久石譲
  • Key of C Major (ハ長調)

「あの夏へ」のコード進行

千と千尋の神隠し『あの夏へ』コード進行

● イントロ ( Key of C Major )
| Fmaj7 | Em7b13 | Dm7b13 C#m7b9 11 b13 |

● A
| Fmaj7#11 | Fmaj7#11 | Am7add11 | Am7add11 |
| Gsus4 | Fmaj7 | Em7| Dsus4 |
| Fmaj7#11 | G7sus4 | C | C |
| Dm7 | C | Fm7| Gsus4 |

● B
| F E | Am Gm7 C | F E | Am | D7 Gsus4 |

● C(サビ)
| Am Em/G | F C/E | Ebmaj7 | Eb7/Db Gsus4 |
| Am Em/G | F C/E | Cm7/Eb Dm7 | Bb/Db C |
| Fm7 Fm7/Eb | Dm7b5 | G |

● 間奏
| Fmaj7 | Fmaj7 | Em7b13 | D7/F# | D7b13 | Em7b13 |
| Em7 | Fm7/Eb | Am7 |

● B2
| Fmaj7 | C/E | Dm7 | D7 E7 |

● C2(サビ)
| Am Em/G | F C/E | Ebmaj7 | Eb7/Db Gsus4 |
| Am Em/G | F C/E | Cm7/Eb Dm7 | Bb/Db C |
| Fm7 Fm7/Eb | Dm7b5 | G |

● エンディング
| Fmaj7 | G | C | Am | Dm7 | G7b9 13 | C |

「あの夏へ」の楽曲の解説

イントロの独特な響きが特徴的なこの曲。テンションを絶妙に使いこなしています。add9、b9、11、#11、13、b13のすべてがどこかしらに出てきます。

ベースの繋ぎ方がまさにオーケストラという感じでとても勉強になります。サビ部分は綺麗な順次の下降進行でコード進行を見るだけで響きの良さが理解できます。笑

ハ長調のわりに代理コードがたくさん出てくるので、ピアノ初心者さんは意外と戸惑うかもしれない楽曲だと思います。笑

主旋律は相変わらず美しいね。もうそれだけで十分というくらいに。

オーケストラの打ち込みとミキシング

オーケストラのMIDI打ち込み

ピアノ音源はSynthogy「Ivory II Studio Grands」です。収録されているSteinwayの音がとても綺麗で気に入っています。

SYNTHOGY
¥36,936 (2021/10/10 14:32時点 | Amazon調べ)

オーケストラ音源はEast West「Hollywood Orchestra」です。Hollywoodというくらいなので、まさにハリウッド映画のような音がします。打ち込み次第だけど。笑

EastWest
¥108,062 (2021/10/11 17:31時点 | Amazon調べ)

前回の「アシタカとサン」の打ち込みでも使いました。

ハープは「Hollywood Orchestra」収録されていないので、Kontaktを使いました。

オーケストラの打ち込みの様子

ベロシティやモジュレーション、エクスプレッションを書いていきます。リアルっぽく聴こえるように試行錯誤。

個人的に、木管とホルンの打ち込みがとても難しい。何度やってもベタ打ちに聴こえちゃう。笑

「Hollywood Orchestra」での音選びとベロシティやモジュレーション、エクスプレッションの組み合わせがほぼ無数にあって、なかなか思い通りの音に近づかない。笑

あまりにも時間が掛かってしまうので(マウスでぽちぽち10時間くらい?)妥協点を探りながら最後まで打ち込んでいきます。

モジュレーションやエクスプレッションは、手のジェスチャーで操作できる「Leap Motion」があると一瞬で終わります。恐らく最も効率的にCCを書き込めます。新品で1万円。

Leap Motion
¥14,000 (2021/10/11 20:00時点 | Amazon調べ)
Keigo

ピアノは5分で終わったけど。笑

オーケストラのミキシング

ここまで来たらあとは半分です。各トラックをミキシング(音作り + ボリューム調整)をしていく。

まずは打ち込みしたトラックをwavに書き出す。音源を4つ立ち上げているので、さすがにPCの動作が重い。

俺のPCのメモリは16GBを積んでいるのですが、Hollywood Orchestraから「メモリが不足しています」と警告が出た。オーケストラの打ち込みをやるならメモリは32GBが良いかもしれない。64GBもあれば申し分ない。

ミキシングの様子

  1. 各トラックにプラグインを挿す
  2. グループでまとめる
  3. センドでリバーブとディレイに送る
  4. フェーダーバランスをとる
  5. オートメーションを書く

基本的にはこの5つをやっています。

ドライのトラックをそのままセンドリバーブに送ると不幸な結果になると学んだ(成長)。

まずはドライのトラックの低音域をイコライザーである程度カットして、その後コンプレッサーで潰して奥に引っ込めます。コンプを掛けておかないと後々前面に出すぎる(ドライすぎる)。

その後、インサートのリバーブを掛けて音の輪郭を少しぼかしつつ、グループでまとめて(木管ごと、など)それをセンドリバーブに送ると良い感じになる気がする。

まだまだやりたいことはあったけど、この時点でかなり時間が掛かってしまったので妥協した。それでも、前回の『アシタカとサン』よりは上手くできたかな。笑

課題は各楽器の奥行き感とブレンド感の表現かなあ。ミキシングで解決できることと、打ち込みで解決すべきことがあるからもっと思考錯誤しよう。

ピアノで『あの夏へ』弾いてみた

ついでにピアノソロで弾いてみました。

\ 千と千尋の神隠し『あの夏へ』ピアノソロ /

※楽譜販売サイト「Piascore」に移動します

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる