最新情報 →Instagram@type00k

これからピアノを始めたい人にオススメの電子ピアノYAMAHA P-125aと周辺機材【コスパ最強セット】

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Keigo (@type00k) です。

これからピアノを始めたい人向けに低コストで性能が良い電子ピアノと周辺機材を紹介したい。

5歳からピアノを弾いている僕の独断と偏見に基づくけれど、どれも使用経験があるものなので確信をもってオススメできる。

Keigo

Keigoです
インスタツイッターYouTubeもやっています。
お問い合わせはこちら

スポンサーリンク
読みたい場所にジャンプ

追記(2023年7月):後継機種「YAMAHA P-225」が発売

P-125aの後継機種「YAMAHA P-225」が発売された。めちゃくちゃ良くなってる。

YAMAHA
¥61,690 (2023/12/31 01:23時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピング

良くなった点をざっくり言うと、

  • 新鍵盤を搭載(GHC鍵盤。打鍵音も小さくなった)
  • ピアノ音源の性能が上がった(CFX搭載)
  • スピーカー性能が上がった
  • 本体スイッチ部分が地面と平行になった(スマホやキーボードが置ける)

という感じ。実際に楽器屋さんで弾いてみたら、すごく良かった。正直欠点が見当たらない。これから買うならP-225がオススメ。

以下、古いほうの情報になるので気になる人はどうぞ。

オススメの電子ピアノ

値段順に紹介する。すべてYAMAHAになってしまったけれど特に深い意味はない。

コスパ最強の電子ピアノ、YAMAHA P-125a

新品5万円台。現時点(2022年)で、予算5万円前後なら最もコスパが高い電子ピアノだ。

YAMAHA
¥59,900 (2022/12/02 13:56時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピング
P-125とP-125aの違い

P-125の後継機「P-125a」が2022年11月に発売された。

結論から言うと、どちらも仕様はほぼ変わらない。

どちらかといえば、P-125aのほうが機能が減っている。ただしアプリなどが使えないくらいだ。一般の人が使う分にはP-125もP-125aも同じなので、安いほうを買えばいいと思う。在庫の問題。

僕は楽器屋に置いてある電子ピアノはほぼすべてを弾いたことがあるけれど、P-125aの内蔵音源、構造、耐久性、デザインは、値段に対しての品質の高さが異常だ。初心者なら必ず満足できるはず。

また、重さは12キロと重くはないので持ち運びも可能だ。僕の友達(女性)も「重さは全然問題ない」と言っていた。模様替えしたらしい。

Amazonレビューはこちら

ただし、2020年3月頃から新型コロナウィルスの影響で海外工場からの納品が遅れているため在庫が少なくなっている。また、半導体不足や物価高で価格が安定しないことがあるので注意が必要だ。

ペダルも買おう

P-125の付属ペダルFC5は軽くて滑りやすいので余裕があればペダルを揃えるといい。

オススメはYAMAHA FC3A。

YAMAHA
¥3,645 (2024/02/29 14:39時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピング

ハーフペダルにも対応しているのでFC5よりもさらにリアルなペダリングができる。

僕は毎日4年ほど使っているけれど、まったく壊れる気配がない。耐久性が高い証拠だ。

「FC4A」という似た商品もあるけれど、ハーフペダル非対応なので注意。
メリットはFC3Aより500円ほど安いくらいなので、あえてFC4Aを買う理由がない。

予算がある人向け:タッチと音源にこだわるならYAMAHA Clavinova

予算がある人向け。

電子ピアノ「Clavinova(クラビノーバ)」もオススメ。レッスン用途でも有名で定番だ。新品36万円。

YAMAHA
¥412,500 (2024/04/10 03:00時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピング

音やタッチにこだわっているシリーズで2020年に新型になった。2000万~3000万円するグランドピアノの音源(CFXImperial)が収録されている。

スピーカーがかなりパワフルで鍵盤の性能も良かった。場所や予算に余裕がある人にはオススメだ。

番外編:究極のタッチ感を求めるならYAMAHA N1X

マニア向け。

究極の電子ピアノ「AvantGrand(アバングランド)N1X」。2019年発売。新品65万円。

グランドピアノの鍵盤を電子ピアノに取り付けた、アコースティックピアノと電子ピアノのハイブリッド仕様になっている。タッチ感がグランドピアノと同等なのが最大の魅力。

弦を張っていないので(だから電子ピアノ)、ヘッドフォンでも練習できる。あと、わりとコンパクト。「部屋で大きな音は出せないけど、グランドピアノと同じタッチで弾きたい」という僕らの夢を叶えてくれる。

個人的にメチャクチャ欲しいけれど置く場所がない。引っ越ししたら買うつもり。猫も。

AvantGrandシリーズは他にもN3XやN2、NU1Xというモデルもあるけれど、個人的にはN1Xが一番オススメ。

キーボードスタンド

忘れてはいけないのがキーボードスタンド。

電子ピアノによっては専用スタンドもあるし、汎用型のスタンドもある。

専用スタンド:L-125

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピング

先程紹介したYAMAHA P-125の専用スタンド。専用設計なので揺れる心配がない

専用の作りということで、一体感あるデザインに仕上げたい人にも向いている。

専用のペダルユニット:LP-1

L-125に装着できる専用ペダルユニット。

ヤマハ(YAMAHA)
¥7,700 (2021/09/26 13:59時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピング

なくても問題ないけれど、ペダルにこだわる人はこちら。

安定性の高いX型キーボードスタンド

X型スタンドは、電子ピアノを頻繁に動かす人向け。また、どんな電子ピアノでも使える汎用性があるタイプ。僕もこれ。

X型のスタンドなら個人的にはK&M一択。

K&M
¥13,420 (2024/03/02 16:34時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピング

とても丈夫なスチールパイプ構造で耐荷重は50kg。高さの無段階調整が可能だ。これがデカい。

電子ピアノと合わせるとこんな感じ。

「ハーモニー」って何?5段階のレベルで説明 | 5 Levels | WIRED.jp
【試聴編】JO1 鶴房汐恩、澤野弘之とアニメの劇伴作りに挑戦!

全く揺れないわけではないけれど鍵盤を押さえたときの揺れ程度は僕は気にならない。揺れが気になりそうな人は専用スタンドのほうがいいかも

本物のアコースティックピアノは床から白鍵の上面までの高さが73~75cm(物によるけれど)なので、最初に電子ピアノを乗せて床からの高さを計るといいと思う。73センチがオススメ。

高さを調整するときは、電子ピアノを毎回下ろしてから調整してほしい。下ろさないと電子ピアノが降ってきて危険。昔一度やっちまいました。

ただしX型は、ペダルに伸ばした足がフレームに当たる可能性がある、というデメリットがある。特に身長が高い人は注意が必要だ。まあ、ペダルを手前に持って来れば解決するけれど。

ピアノの椅子

ピアノの椅子は下記3つを満たしていれば、ぶっちゃけなんでもいい。

  1. 高さの微調整ができる
  2. 演奏中に揺れない
  3. 長時間座っても疲れない

初心者セットに付属しているような3000円の椅子は実はどれも満たさないので、予算に余裕があれば単品でピアノ椅子を買うことをオススメする。

個人的に最強だと思う椅子、YAMAHA No.51

僕がアップライトピアノYAMAHA YU5を手に入れたときに付いてきた椅子がYAMAHA No.51。かれこれ15年以上使っているけれど、まったくガタがきていない。No.51は、今現在(2022年)も生産されている。

YAMAHA
¥23,980 (2024/02/28 11:24時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピング

このピアノ椅子の特徴は下記のとおり。

  1. 新品2万円で買える
  2. 演奏中に揺れない作り
  3. 15年以上使っても壊れない

ピアノ椅子としては十分すぎる。日常生活の足場としても使えるくらい作りや耐久性が良い。マジでオススメ。

イヤフォン & ヘッドフォン

結局、Apple純正のイヤフォンが最強

有線イヤフォンならApple純正のEarPodsでいい。マジで。

Apple
¥2,668 (2024/02/25 14:03時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピング

理由は下記のとおり。

  • 新品2000円台で買える
  • 値段のわりに音質が桁違いに良い
  • インナーイヤー型で耳に優しい
  • 長時間使っても疲れない

定番のSHUREのSEシリーズのようなカナル型イヤフォンは外の音が全くと言っていいほど聞こえない。遮音性抜群で付け心地も良くて好きだけれど耳の健康上のリスクもあるから、長期目線で考えて、インナーイヤ型をオススメしたい。

EarPodsはLightningバージョンと3.5mmバージョンがあるけれど、電子ピアノで使う場合は3.5mmのほうを買おう。

Keigo

ちょっと前までは高級なイヤホンを漁ってたけど
最終的に2000円のEarPodsに落ち着いた
普通に音質が良いし、疲れないし、良いイヤホンだもの

変換プラグも忘れずに

電子ピアノでは基本的に6.3mmステレオ標準プラグを使う。3.5mmのイヤフォンはそのままでは繋げないので変換プラグが必要だ。

フジパーツの変換プラグは1個400円で買える。

富士パーツ商会
¥403 (2021/09/26 14:02時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピング

僕は何年もずっと問題なく使えている。オススメ。

初めてのヘッドフォンならAKG K240 Studio

AKG K240 Studioは音楽制作で有名・定番のスタジオヘッドフォン。

AKG
¥6,800 (2024/02/25 14:03時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピング

とにかく安いので最初のヘッドフォンにオススメ。値段のわりに音質が良い。

追記(2022年12月):今現在の僕なら「YAMAHA HPH-MT8」を激推したい。モニターヘッドフォンでは値段が25,000円弱と安いわりに音がフラットで非常に使いやすい。ただし低音域(100Hz付近)が少し弱い。値段は少し高くなってしまうけれど、年単位で長く使うなら日割りで安くなるので、迷っている人にはオススメだ。

セミオープンエアー型なので音は漏れるタイプ(外では使えない)だけれど、音に癖がなく長時間のリスニングでも疲れない。

電子ピアノ付属のスピーカーの性能は大したことないから、イヤフォンやヘッドフォンを使うとより良い音で楽しめる。

ケーブル類

MIDIを扱うならUSBケーブル

YAMAHA P-125とパソコンの接続にはUSBケーブルを使う。DAWでMIDIを送信すること(DTMの打ち込み)ができる。

Type AとType Bに対応していればどんなケーブルでも問題ない

個人的にはエレコムのケーブルは編み込みになっていて丈夫なので好き。

エレコム
¥1,618 (2024/03/02 15:30時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピング

電子ピアノ内部の音をPCに送るならオーディオケーブル

定番のMOGAMI 2534。電子ピアノの内蔵音源をパソコンに録音したいときに使う。

MOGAMI
¥6,750 (2024/02/25 14:03時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピング

ケーブルで迷ったらMOGAMI 2534一択。音質も良いし、耐久性も高い、安い、日本製。僕は一生これしか買わないと決めている。

ステレオで録音する場合は左側(L)用と右側(R)用で2本必要。あと長さは揃えるのが普通。

接続先はオーディオインターフェースへ。オーディオインターフェースは付属のUSBケーブルでパソコンと繋ぐ。

まとめ:最初は定番の商品がオススメ

音楽機材には「定番」と呼ばれる商品がたくさんある。その理由は、値段の割に作りが良くて耐久性が高い=安心して長く使えるからだ。つまりはコスパ。そういった機材はスタジオでも使われていたりする。

物によっては個人で買えないような値段の機材もあるけれど、ほとんどの定番機材は個人でもネットで安く買える時代だ。

今回紹介した電子ピアノと周辺機材はどれもオススメなので一度見てみるといいかもしれない。

というわけで、以上です。読んでいただき、ありがとうございます。

普段の僕は「Instagram」と「Twitter」とを軸に発信しています。よかったらフォローしてください。

Keigo

Keigoです
インスタツイッターYouTubeもやっています。
お問い合わせはこちら

この続きはcodocで購読

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (3件)

  • はじめまして。
    P-125aの購入を検討しております。

    スマートピアニスト上でのオーディオ録音はできないとありますが、この記事にあるようなオーディオインターフェースを用いれば録音可能なのでしょうか?

    録音は遊びで楽しむ程度を想定しているので、そのために追加で数万円かけるのもな…などと思っています。

    それであれば、在庫と値段次第にはなりますが、前のP-125の方がよさそうでしょうか。

    よろしくお願いいたします。

    • >>オーディオインターフェースを用いれば録音可能なのでしょうか?

      はい、オーディオインターフェースがあれば電子ピアノ内部の音を録音できます!

      正確には下記3つが必要です。
      ①パソコン
      ②オーディオインターフェース
      ③オーディオケーブル TRS-TRS

      簡単に図で表すと下記のような感じです。

      /**

      電子ピアノ

      ケーブル2本(ステレオなので2本必要)

      オーディオインターフェース → スピーカー・ヘッドフォン
      ↓↑
      パソコン(DAWで録音)

      /**

      安く・長く使えるオーディオインターフェースとオーディオケーブルは、たとえば以下のような商品があります。

      オーディオインターフェース Steinberg UR22C
      https://amzn.to/3MbPa79

      オーディオケーブル MOGAMI 2534 TRS-TRS
      https://amzn.to/3pQex7e

      >>在庫と値段次第にはなりますが、前のP-125の方がよさそうでしょうか。

      確かに録音するだけならスマートピアニストのほうがお手軽かもしれません。
      ただし別途USBケーブルが必要みたいです(使ったことがないので詳しい使い方は分かりません)。

      参考:https://jp.yamaha.com/products/musical_instruments/pianos/apps/smart_pianist/audio_video.html#product-tabs

      スマートピアニストを使うならP125一択です。
      ただし今現在(2023年5月)ざっとネットで調べた感じ在庫がないので見つけるのが大変かもしれません。

      なかなか難しいところですが、サプライチェーンの回復でP125aは4万円台で買えるくらいには値段が落ち着いてきたので、追加で機材を買っても品薄・割高のP125とトントンになっちゃうかなと。

      • 詳しくご説明いただき大変ありがとうございます!

        P125aと別途機材を買う方向で進めたいと思います。

コメントする


The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

読みたい場所にジャンプ