これからピアノを始めたい人におすすめの電子ピアノと周辺機材

2021年1月7日

これからピアノを始めたい人におすすめの電子ピアノと周辺機材を紹介します。

できるだけ低コストで、かつ性能が良いものをまとめました。どれも使用経験があるものなので確信をもっておすすめできます。

以下の紹介です。

  • 電子ピアノ
  • キーボードスタンド
  • ピアノの椅子
  • イヤフォン & ヘッドフォン
  • ケーブル類
Keigo

Keigoです。ツイッターYouTubeインスタやってます。お問い合わせはこちら

電子ピアノ

値段順に紹介します。すべてYAMAHAになってしましたが特に意味はありません。

コスパ最強の電子ピアノはYAMAHA P-125

icon-check YAMAHA P-125

created by Rinker
YAMAHA
¥69,800 (2021/01/25 00:08:22時点 Amazon調べ-詳細)

新品4万円台。現時点(2021年1月)で最もコスパが高い電子ピアノ。

楽器屋に置いてある電子ピアノならほぼすべてを弾いたことはありますが、P-125の内蔵音源、構造、耐久性、デザインが値段のわりに品質が高く、初心者なら必ず満足できるはずです

重さは12キロなので、持ち運びも可能です。模様替えのときも楽。

ただし、2020年3月頃から新型コロナウィルスの影響で海外工場からの納品が遅れているため在庫が少なくなっており、しばらく入手するのが難しいかもしれません。

人気記事電子ピアノはYAMAHA Pシリーズ P-125がコスパ最強だと思う

ペダルも買おう

icon-check YAMAHA FC3A

created by Rinker
YAMAHA
¥3,455 (2021/01/25 15:03:17時点 Amazon調べ-詳細)

P-125の付属ペダルFC5は軽くて滑りやすいので、余裕があればペダルを揃えるといいです。FC3Aは作りもよく、耐久性も高いのでおすすめです。

ハーフペダルにも対応しているのでFC5よりも、さらにリアルなペダリングが可能です。

予算がある人向け:タッチと音源にこだわるならYAMAHA Clavinova

icon-check YAMAHA Clavinova CLP-785

created by Rinker
YAMAHA
¥396,000 (2021/01/25 15:43:42時点 Amazon調べ-詳細)

新品36万円。レッスン用途などでも有名で定番の電子ピアノ Clavinova(クラビノーバ)です。音やタッチにこだわっているシリーズです。2020年に新型になりました。

CLP-785は据え置き型の電子ピアノとしては最上位機種です2000万~3000万円するグランドピアノの音源(CFXImperial)が収録されています。

据え置き型なので持ち運びはできませんが、場所や予算に余裕がある人ならぜひ。

人気記事クラビノーバ CLP-700シリーズの特徴

番外編:究極のタッチ感を求めるならYAMAHA N1X

icon-check YAMAHA AvantGrand N1X

新品65万円。グランドピアノの鍵盤を電子ピアノに取り付けた究極の電子ピアノ AvantGrand(アバングランド)N1X。アコースティックピアノと電子ピアノのハイブリッド仕様です。2019年発売。

タッチ感はグランドピアノと同等ですが弦を張っていないのでヘッドフォンでも練習できます。あと、わりとコンパクトです。

部屋で大きな音は出せないけどグランドピアノと同じタッチで弾きたいという人の夢を叶えてくれます。

AvantGrandシリーズは他にもN3XやN2、NU1Xというモデルもありますが個人的にはN1Xが一番おすすめです。

個人的にめちゃくちゃ欲しいんだけど置く場所がない……引っ越ししたらたぶん買います。

人気記事YAMAHA AvantGrand N1Xがヤバい

キーボードスタンド

忘れてはいけないのがキーボードスタンド。電子ピアノによっては専用スタンドもあるし、汎用型のスタンドもあります。

YAMAHA P-125の専用スタンドはL-125

icon-check YAMAHA L-125

created by Rinker
YAMAHA
¥12,350 (2021/01/25 15:43:42時点 Amazon調べ-詳細)

先程紹介したYAMAHA P-125の専用スタンド。専用設計なので揺れる心配はありません。

専用の作りなので一体感あるデザインに仕上げたい人に向いています。

専用のペダルユニット

icon-check YAMAHA LP-1

created by Rinker
YAMAHA
¥6,736 (2021/01/25 15:43:43時点 Amazon調べ-詳細)

L-125に装着できる専用ペダルユニット。なくても問題ないですが、ペダルにこだわる人はこちらをどうぞ。

安定性の高いX型キーボードスタンド

icon-check K&M 18990

created by Rinker
K&M
¥10,200 (2021/01/25 15:43:44時点 Amazon調べ-詳細)

X型のスタンドならこれ一択。電子ピアノを頻繁に動かす人向け。汎用性があるタイプです。僕もこれ。

とても丈夫なスチールパイプ構造で耐荷重は50kg。揺すると揺れますが、鍵盤を押さえることによる揺れはほぼなく僕は気になりません。気になる人は専用スタンドのほうがいいかも。

高さは無段階調整可能です。アコースティックピアノは床から白鍵の上面までの高さが73~75センチなので、最初に電子ピアノを乗せて床からの高さを計るといいと思います。73センチがおすすめです。

参考になるサイト:床からピアノの白鍵の上面までの高さはどのくらいですか?

ただし、調整するときは電子ピアノを毎回下ろしてから行うよう注意して下さい。下ろさないと電子ピアノが降ってきて危険です。昔一度やっちまいました。

ピアノの椅子

ピアノの椅子は下記3つを満たしていればぶっちゃけなんでもいいです。

  1. 高さの微調整ができる
  2. 演奏中に揺れない
  3. 長時間座っても疲れない

初心者セットに付属しているような3000円の椅子は実はどれも満たさないので、余裕ができたら単品でピアノ椅子を買うことをおすすめします。

個人的に最強だと思う椅子:YAMAHA No.51

created by Rinker
YAMAHA
¥26,500 (2021/01/25 15:43:44時点 Amazon調べ-詳細)

僕がアップライトピアノYAMAHA YU5を手に入れたときに付いてきた椅子がYAMAHA No.51。かれこれ15年以上使っていますが、まったくガタがきていません。今現在(2021年)も生産されています。

特徴は下記のとおり。

  • 新品2万円で買える
  • 演奏中に揺れない作り
  • 15年以上使っても壊れない

いや、もうこれだけなんだけど、ピアノ椅子としては十分すぎる。日常生活の足場としても使えるくらい作りや耐久性が良いです。マジでおすすめ。

人気記事15年以上使えるコスパ最強のピアノ椅子 YAMAHA No.51

高級なピアノ椅子もあるよ:YAMAHA No.150

created by Rinker
YAMAHA
¥152,000 (2021/01/25 15:43:45時点 Amazon調べ-詳細)

コンサート用のピアノ椅子。デザインがカッコいい。No.150はYAMAHA最高級のピアノ椅子で15万円。

このような高級ピアノ椅子は国内・海外のメーカーからたくさん販売されています。

ただ、家で使う分には完全にオーバースペックだと思う。お金持ちの人向け。笑

イヤフォン & ヘッドフォン

結局、Apple純正のイヤフォンが最強

icon-check Apple EarPods with 3.5 mm

created by Rinker
Apple(アップル)
¥2,111 (2021/01/25 15:43:46時点 Amazon調べ-詳細)

有線イヤフォンならApple純正のEarPodsが良いと思う。理由は下記のとおり。

  • 新品2000円台で買える
  • 値段のわりに音質が桁違いに良い
  • インナーイヤー型で耳に優しい
  • 長時間使っても疲れない

SHUREのSEシリーズのようなカナル型イヤフォンは遮音性抜群で付け心地も良くて好きなんだけど、外の音が全くと言っていいほど聞こえないし、耳の健康上のリスクもあるから、ここではインナーイヤ型をおすすめしたい。

EarPodsはLightningバージョンと3.5mmバージョンがありますが電子ピアノで使う場合は3.5mmのほうを買いましょう。

昔は高級なイヤホンを漁ってたけど、最終的に2000円のEarPodsに落ち着いたっていうね。だって普通に音質が良いし、疲れないし、良いイヤホンだもの。笑

変換プラグも忘れずに

icon-check フジパーツ 変換プラグ AC-666

created by Rinker
富士パーツ商会
¥403 (2021/01/25 15:43:46時点 Amazon調べ-詳細)

電子ピアノでは6.3mmステレオ標準プラグを使います。3.5mmのイヤフォンはそのままでは繋げないので変換プラグが必要です。

フジパーツの変換プラグは1個400円で買えて、今でも問題なく使えているのでおすすめです。

初めてのヘッドフォンならAKG K240 Studio

icon-check AKG K240 Studio

created by Rinker
AKG
¥6,800 (2021/01/25 14:58:42時点 Amazon調べ-詳細)

新品6000円台。音楽制作では有名かつ定番のスタジオヘッドフォンです。とにかく安いので最初のヘッドフォンにおすすめです。こちらも値段のわりに音質が良く、コスパに優れています。

セミオープンエアー型なので音は漏れるタイプ(外では使えない)ですが、音に癖がなく長時間のリスニングでも疲れません。

電子ピアノ付属のスピーカーの性能はそれなりなので、イヤフォンやヘッドフォンを使うとより良い音で楽しめます。

人気記事AKG K240 Studioは本当に買いなのか?

ケーブル類

MIDIを扱うならUSBケーブル

icon-check エレコム USB2.0 A to B

created by Rinker
エレコム
¥1,652 (2021/01/25 15:03:17時点 Amazon調べ-詳細)

YAMAHA P-125とパソコンの接続にはUSBケーブルを使います。DAWでMIDIを送信すること(DTMの打ち込み)ができます。

Type AとType Bに対応していればどんなケーブルでも問題ないですが、個人的にはエレコムのケーブルは編み込みになっていて丈夫なので好きです。

電子ピアノ内部の音をPCに送るならオーディオケーブル

icon-check MOGAMI 2534

created by Rinker
モガミ電線
¥5,950 (2021/01/25 15:43:47時点 Amazon調べ-詳細)

定番のMOGAMI 2534。ケーブルで迷ったらMOGAMI 2534一択。電子ピアノの内蔵音源をパソコンに録音したいときに使います。音質も良いし、耐久性も高い、安い、日本製

ステレオで録音する場合は左側(L)用と右側(R)用で2本必要です。長さは揃えるのが普通です。

接続先はオーディオインターフェースへ。オーディオインターフェースは付属のUSBケーブルでパソコンと繋ぎます。

人気記事オーディオインターフェース Steinberg UR24Cレビュー

まとめ:最初は定番の商品がおすすめ

音楽機材には「定番」と呼ばれる商品がたくさんあります。その理由は、値段の割に作りが良くて耐久性が高い=安心して長く使えるから、つまりコスパが良いからです。そういった機材はスタジオでも使われていたりします。

中には個人で買えないような値段の機材もありますが、ほとんどの定番機材は個人でもネットで安く買える時代です。今回紹介した電子ピアノと周辺機材はどれもおすすめできます。

参考になれば幸いです。

Keigo

Keigoです。オンラインでピアノの個人レッスンもやっています!

人気記事オーディオインターフェイス Steinberg UR24Cレビュー

人気記事3万円で買える定番モニタースピーカー YAMAHA HS5