オーディオインターフェイス Steinberg UR24Cレビュー!コスパ最強UR22mkIIと比較

オーディオインターフェースSteinberg UR24Cを買ったからレビュー。発売は2020年5月。

今まではUR22mkIIを2年使ってたんだけど、新しく発売されたからUR24Cを買った。

結論を先に言うと、大満足。

Keigo

どうも、Keigoです!
YouTube
Instagram
Twitter
TikTok
お問い合わせ

\ ピアノレッスンを無料体験 /

※公式サイトに移動します

スポンサーリンク
目次

オーディオインターフェイスって何?

オーディオインターフェースをざっくり説明するとこんな感じ

  • パソコンとUSBケーブルで接続する機材
  • プロが使う本格的なマイクが使える
  • 安いもので5,000円、高いもので70万円など
  • 楽器や声の録音・配信に使える
  • 外部スピーカーをつなげる

初心者向けの普及しているモデルだと1万〜3万円くらい。

最近はコロナの影響で在宅ワークが増えてからオーディオインターフェイスが人気らしい。

オーディオインターフェースがあればこういうこともできる。

  • 高音質な音声でライブ配信・Web会議したい
  • ギターやピアノなどの楽器を録音したい
  • 良い音質で音楽やアニメ、映画などをパソコンで楽しみたい

って感じでオーディオインターフェイスの用途はいろいろある。

オーディオインターフェイス UR24C

UR24Cの特徴はざっくり以下のとおり。

  • 2020年5月22日発売
  • USB3.0、USB3.1接続に対応
  • 出力端子が豊富でモニターモードも選択できるので、ライブでの音源同期に便利
  • バスパワー駆動(ACアダプタは不要)
  • 32bit整数に対応
  • dspMixFxに対応
  • LoopBack機能の搭載

一人で家で使う分には十分すぎるスペック。

DSPにも対応してるからUR24Cのエフェクトを使用しながら録音することができる。主にマイク入力やギター、ベースの入力に使える。僕は多分使わないけど。

USB Type-Cに対応したからMacBookなどでも使いやすくなってる。

Steinberg
¥33,000 (2022/06/25 11:42時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピング

Steinberg UR24Cの付属品

付属品はこの4つ。

  • UR24C本体
  • USBケーブル
  • 説明書
  • バンドルソフトの紙

最新のドライバはSteinbergの公式Webサイトからダウンロードできる。

UR24Cを付属のUSBケーブルでパソコンに接続してドライバをインストールするとすべての機能を使用できるようになる。めっちゃ簡単。

僕はパソコンの上に置いてる。

UR22mkIIとUR24Cの比較

元箱があったので比較する。

UR24Cの方が出力数が多いから横幅が指2本分大きい。

上がUR22mkII、下がUR24C

スペック比較はこんな感じ。

機種名 UR22mkII UR24C
入出力数2IN 2OUT2IN 4OUT
マイク端子数22
USBの仕様USB 2.0USB 3.0 (Type-C)
A/D解像度24bit/192kHz32bit/192kHz
付属ソフトCubase AI
Cubasis LE for iPad
CubaseAI
Cubasis LE for iPad
dspMixFx UR-C
外形寸法159 x 159 x 46mm198 x 159 x 47mm
重量1.03kg1.1kg
価格約15,000円約24,000円

主な違いはざっくり下記のとおり。

  • 出力数が違う
  • 接続方法が「USB2.0 Type-B」か「USB 3.0 Type-C」か
  • A/D(アナログとデジタル)解像度 → UR24Cでは32bitに対応
  • 価格

正直、家で使う分にはUR22mkIIでも十分だと思う。

Steinberg
¥20,577 (2022/06/20 13:50時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピング

奥行きはほぼ変わらない。

UR24CはRCAの出力があるからちょっとだけ大きい。

USB Type-C対応なので接続部分はスリムになった。

特にこだわりがなければUR22mkIIでも十分だと思う。価格も1万円ほど安い。

ただし、Macと接続する場合はUSB Type-Cの仕様になってるUR24Cのほうが良い。

UR24Cを使ってみた感想

マスターボリュームが見やすい・使いやすい

一番右側のつまみがマスターボリューム。

いつもは机の左下にあるパソコン上に置いてるからオーディオインターフェイスを見ずに操作する。

UR22mkIIはつまみがすべて同じ大きさで同じ並びにあるからたまに操作を間違える。

一方、UR24Cはつまみが独立し大きくなったから見なくても操作できる。ボリューム位置も切れ込みがあるから指の感覚でボリューム位置を把握しやすい。これは良い。

音や機能性は良い

UR24Cの音質や動作は良い感じ。正直、UR22MKIIも良い音だったから特に大きな感動はない。

ただマイク入力やスピーカー・ヘッドフォン出力がUR22mkIIに比べて大きくなった。以前はMAX音量でも聞き取りづらかったヘッドフォンでも音量に十分なゆとりがある。

おすすめのマイク

せっかくオーディオインターフェイスを買うなら高音質なマイクも使いたいところ。

個人的におすすめのマイクは以下の3つ。どれも定番。

SHURE BETA58A

プロも使うダイナミックマイク。主にボーカルに使う。

定番のSM58よりも高音域が持ち上がって抜けが良い感じ。

指向性が高い(マイクの方向の音を拾う)から余計なノイズや空調の音が入りにくいのが良い。僕はこの指向性が好きで使ってる。

SHURE
¥19,580 (2022/06/25 08:56時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピング

Audio-Technica AT4040

定番のコンデンサーマイク。味付けのないフラットな音。

ボーカルもギターもピアノも良い感じに録れる万能タイプだから困ったらこれで間違いない。

Audio Technica
¥33,109 (2022/06/25 08:56時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピング

AKG C214

プロ御用達メーカーのマイク。

定番マイクC414 XLII(約8万円)と同等のダイアフラムを使用。特に高音域の再現性に優れている。コスパ良い。

AKG
¥35,400 (2022/06/25 08:56時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピング

まとめ

  • 24,000円で買える低価格オーディオインターフェイス
  • USB Type-Cに対応したので裏表を気にすることなく使える
  • DSP対応でエフェクトを使って録音・配信ができる

あとデザインがイケてる。

DTMやライブステージ、個人でスタジオの録音で使うオーディオインターフェイスとしては良い商品だと思う。

Steinberg
¥33,000 (2022/06/25 11:42時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピング

おすすめの関連記事

\ ピアノレッスンを無料体験 /

※公式サイトに移動します

この続きはcodocで購読

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる