当ブログのWordPressテーマはこちら公式サイト

【完全版】現代最強のニキビ治療法「イソトレチノイン」と「ダーマペン」で美肌になる方法【ニキビ跡・クレーターも改善】

現代の医療技術で最強レベルのニキビ治療法「イソトレチノイン」と「ダーマペン」で美肌になる方法を紹介したい。自己責任にはなるけど個人でも治療できる

ニキビに心の底から深く悩んでいる人も多いと思うけど現代の技術なら絶対にニキビは治せるから諦めないでほしい。

中学・高校の時に大量発生したニキビのせいで、その治療に今まで大量の金と時間を消費して最終的に辿り着いた治療法と個人的な結論だから誰かの参考になるかもしれない、ってことでこの記事を書いておく。

今回紹介するのはざっくり以下3つ。

  1. イソトレチノインでニキビを減らす
  2. ダーマペンでニキビ跡・クレーターを治す
  3. 日常的に保湿と日焼け止め
    ※酒・タバコはNG

ただし、いくつか注意点があるからしっかり読んだ上で判断してほしい。

Keigo

現代最強のニキビ治療法「イソトレチノイン」と「ダーマペン」を紹介する!

Keigo Vlog | 重度のニキビを根本的に治した方法【イソトレチノインとダーマペンが最強】
スポンサーリンク
目次

ニキビの根本的な原因は「皮脂の過剰分泌」

ニキビの原因は、結局「皮脂の過剰分泌」が引き金になってる。

健栄製薬
  1. 皮脂が過剰分泌する
  2. 毛穴がつまる(いわゆるコメド)
  3. アクネ菌が増殖
  4. ニキビ発生

思春期になるとニキビが大量発生するのは、ホルモンバランスの乱れによって皮脂が過剰分泌されるから。だから正直言って、洗顔をしたところで、3食しっかり食べたところで皮脂の過剰分泌自体は止まらない。洗顔や皮膚科でもらえる塗り薬による皮脂の除去スピードよりも、分泌のスピードのほうが早いからまさに焼け石に水。

ついでに、3年前に筋トレ(ウエイトトレーニング)し始めた俺にニキビが大量発生したのは、筋トレによって皮脂の分泌を促す男性ホルモンが体内で多く作られることで皮脂が分泌が促進したから。

ってことで、ホルモンの量・バランスと皮脂の分泌量は明らかに強い関係性がある

ホルモンバランスや皮脂の分泌量は個人差が大きく、遺伝子の問題もある。もともと皮脂が分泌しやすい体質ならニキビができやすいし、逆に皮脂の分泌が少なければニキビもできにくい。

つまり軽度ならまだしも、重度のニキビを「根本的に」解決するには、正しい洗顔や 正しい食事、皮膚科で処方する薬の問題というよりは、「皮脂の過剰分泌を減らす必要がある」というのが個人的な結論の一つ。

ニキビを治すの最強の薬「イソトレチノイン」

YouTube:重度のニキビを根本的に治した方法【イソトレチノインとダーマペンが最強】

現代のニキビ治療で最強と言われているのが「イソトレチノイン」という飲み薬。皮脂の過剰分泌をめちゃくちゃ減らすことができる。俺はこれを飲み始めて4ヶ月でニキビが消えたし、新しいニキビもできなくなった

イソトレチノインは、欧米ではわりと一般的な治療薬らしく40年近く歴史があるみたい。

イソトレチノインは、1982年にFDA(アメリカ食品医薬品局)というアメリカの政府機関が認可してる薬

重度のニキビに効果抜群:90%以上の人に効果あり

イソトレチノインの「ビタミンA誘導体」という成分が皮脂の分泌を減らす効果がある。ってことで重症ニキビの人には第一選択治療らしい。なんて都合の良い薬。神かよ。

効果は主に2つ。

  1. 皮脂の過剰分泌を軽減させる
  2. 毛穴のつまりを防ぐことで炎症を抑える

中学生も使ってOKと書いてある皮膚科医のサイトもある。ただし、女の子の場合は生理周期が確立している人に限るなど、皮膚科医の判断次第

逆に、イソトレチノインでの治療の対象にならない人もいるので注意。

・妊娠中の方、妊娠の可能性がある方、妊娠を希望されている方

・授乳中の方
(中略)

・15歳未満の方や成長期で身長が伸びている方

・イソトレチノイン製剤、トレチノイン製剤、ビタミンAでアレルギーを起こしたことのある方

・テトラサイクリン系の薬剤を内服されている方

・うつ病その他の精神疾患で治療中の方

・肝機能障害のある方

・中性脂肪、コレステロールの高い方

・ビタミンA過剰症の方

医療法人咲花会 わかこ皮ふ科クリニック皮膚科・美容皮膚科

飲み方:4~6ヶ月で1クール

イソトレチノインは、4~6ヶ月で1クール(周期)とすることが基本らしい。つまり毎日薬を飲み続けることになる。

ただし、イソトレチノインの容量(10mg、20mg、40mgなど)や服用期間はその人の状態次第なので詳しくは皮膚科医に聞いたほうがいい。一応、俺は20mgで効果があった。

治療後の再発率は25~50%とバラバラ。とはいえ再発後のニキビの状態は軽いものから重症まで様々。臨床試験の結果については下記を見てね。俺は運良く再発してない。やった~。

参考:イソトレチノインの臨床試験 | うらた皮膚科

副作用に注意

イソトレチノインは効果が高い分、副作用も大きい。使用する上で必ず注意したほうがいい。

副作用①:避妊が必須

イソトレチノインを使った時とその後しばらくは避妊が必須なので注意。

イソトレチノインの重大な副作用の一つに、妊娠している女性に投与すると流産や胎児の奇形を引き起こすという副作用があります。
そのため、服薬期間中とその前1カ月と服薬後6カ月は妊娠してはいけません

医療法人咲花会 わかこ皮ふ科クリニック皮膚科・美容皮膚科

副作用②:肌や目が乾燥する、鼻血が出る

イソトレチノインは皮脂の分泌を減らすので、当然肌が乾燥する。あと目も乾燥する。なので保湿や目薬が必要になる。

俺の場合は鼻の粘膜が弱いのか、毎朝シャワーを浴びる時(血行が良くなる時)に鼻血が出る。だいたい夜に薬を飲んでから9時間後くらいだから日中は飲めない。デート中に鼻血なんて最悪すぎる。彼女いないけど。

その他の副作用は以下のとおり。ただ、これはほとんど感じなかった。

鬱、精神病(幻覚、幻聴)、自傷行為、自殺企図などの重大な精神疾患
皮膚や粘膜の乾燥症状:(保湿剤やリップクリームで対応します)
鼻の粘膜が乾燥した場合に生じる軽度の鼻血:(ワセリンを塗布します)
頭痛:(高用量を内服した場合に生じやすいです)
発疹、軽度の痒み、落屑
眼瞼炎、結膜炎
筋肉痛や関節痛:(運動中や運動後に生じやすいです)
肝機能低下
脱毛
めまい、吐き気
うつ傾向

医療法人咲花会 わかこ皮ふ科クリニック皮膚科・美容皮膚科

個人輸入はできるけど必ず注意事項を理解しよう

基本的にはイソトレチノインを処方してくれる近所の皮膚科を探すのがおすすめ。トラブルが起きた時に個人では対処できないし。

でもイソトレチノインは、日本ではまだ厚生労働省の認可がされてなくて皮膚科では保険適用外でやたら高いんだよね。1ヶ月で1.5万~3万円とか。仮に6ヶ月続けたら9万~18万円。中高生に払えるわけがない。

今現在はイソトレチノインの個人輸入は合法だけど、事前に厚生労働省のサイトを見てからにしてほしい。

参考:アキュテイン(ACCUTANE)(わが国で未承認の難治性ニキビ治療薬)に関する注意喚起について | 厚生労働省

個人輸入できるサイトは今のところベストケンコーが最安。シンガポールや台湾からの取り寄せでクレジットカード決済のみ。到着まで1~2週間くらいかかるから気長に待とう。レビューもたくさんあるからしっかり見てみるといいかも。

ベストケンコー:イソトレチノイン
※アフィリエイトリンクでない

ちょっと一言:日本のニキビ治療って遅れてるよね

日本は欧米に比べてニキビ治療が遅れてるよね。

例えば、海外で1960年代からニキビ治療に使われる「過酸化ベンゾイル(皮膚科でも貰えるベピオゲル)」ですら日本では2015年認可だし。判断が遅い

「ニキビは青春のシンボル」って言葉が日本で流行ってることが自体がニキビ治療後進国であることを証明してる。ニキビは肌の病気。病気なら治せる。珠世さん(鬼滅)が言ってた。

日本も早くイソトレチノインも早く保険適用にしてニキビに悩む人たちを全員救ってやってほしい。

ニキビ跡・クレーターを治す最強の施術は「ダーマペン」

イソトレチノインでニキビを減らした後は、ダーマペンでニキビ跡・クレーターを治そう。

ダーマペンは、髪の毛よりも細い無数の針を肌に刺して人間の治癒力で肌を生まれ変わらせる治療。わざと肌を傷つけることで回復を促すっていう、一見原始的な方法に見えるけど世界的には最先端のニキビ治療法

こんな感じで肌の真皮(2.0mm~)まで針を刺す。

引用:表参道美容皮膚科

効果は以下のとおり。

  • ニキビのクレーター
  • 毛穴の開き
  • 肌質改善
  • しわ・小じわ・くすみ
  • 肌のハリや弾力
  • 目元・口元・頬の小じわ

SNSやYouTubeで調べればすぐ分かるけど有名な芸能人やモデルもけっこうやってる。

俺は「ニキビ跡とかクレーターはもう治らんだろうなあ」ってもう諦めてたけど、ダーマペンの効果はガチ。どんな医者の薬やサプリよりも一番効果があった。もちろん、赤ちゃんみたいなツルツルまではいかないけど、クレーターがかなり浅くなって普通に人前に見せても恥ずかしくないレベルの肌になった。

イソトレチノインはニキビ自体を減らす薬。ダーマペンはその後のニキビ跡やクレーターの治療っていうイメージ。

ついでに言うと、毛穴も引き締まって肌にハリも出るからちょっと整形したみたいに明らかに良くなって毎日が楽しい。

ダーマペンはクリニックで施術すると1回2万円以上する

ダーマペンの治療費はクリニックによってバラバラだけど、平均で1回あたり2万円くらい。治療費とは別に、麻酔用のクリーム代やパック代が別で必要な所もあるからホントにバラバラ。近所のクリニックで調べてみてね。

だいたい1ヶ月くらい間隔を空けて、トータルで5~10回以上やらないと目に見えて効果が出ないからまあまあお値段する。

特に中高生・大学生にはキツイよね。もっと安くなると良いなあ。

ぶっちゃけ個人でもできる

YouTube:重度のニキビを根本的に治した方法【イソトレチノインとダーマペンが最強】

冷静に考えると、ダーマペンって針で刺すだけだから注意点さえ守れば個人でも十分できるとは思ってる。クリニックで施術する人ってバイトのねーちゃんだし(もちろん国家資格を持ってる人が施術する所もある)。強くおすすめはできないけど。

個人的に揃えたアイテムは以下のとおり。

  • ダーマペン「Dr.pen A7
  • 麻酔クリーム「Racser Cream 5%
  • 薬局・スーパーで買える「普通のラップ(麻酔クリームの後に顔に貼って密着させる)」
  • 保湿剤「ホホバオイル(透明のホホバは栄養が落ちてるからNG)

よくある「ヒトプラセンタ」は科学的根拠がないので個人的には使ってない

全部揃えてもたったの2万円。もしクリニックで10回通うとしたら1/10の値段でできちゃう。

ダーマペンのやり方・管理方法はYouTubeやブログ、SNS、クリニックのサイトで具体的に解説してるところがたくさんある。もちろん怪しい情報を載せてるところもあるから注意(嘘を嘘と見抜く力)は必要だけど。

でもダーマペンの施術内容を動画で見るに、外科手術のように素人が理解できないほど高等知識・技術・経験が必要な施術とも思えないから俺は自分でやってる。当然道具のメンテナンスもしっかりしてる。

セルフに自信がない人、自分で調べる力がない人、お金と時間がある人は素直にクリニックに行ったほうがいい。

スキンケアの注意点

スキンケア(肌の手入れ)も科学的に効果が証明されているものにしよう。

普段やるべきことは以下4つ。極めてシンプル。

  • トレチノイン
  • 日焼け止め
  • 保湿
  • 洗顔・クレンジング

順番に解説していく。

ちょっと一言:スキンケアに流行りなどない

ネット上で急激に流行るスキンケア方法やインフルエンサーが発するおすすめの化粧品などは科学的な根拠がないものがあるから注意したほうがいい。そういうのはだいたい企業の広告。まずは自分で調べて騙されないようにしよう。

トレチノイン 0.05%

トレチノイン(ビタミンA誘導体)は、ニキビやしみ、しわなどの改善に効果がある。皮膚科のクリニックや病院でもよく処方される成分でターンオーバーの促進(新しく肌を作ること)が目的。

普通のターンオーバーのサイクルは約2ヶ月なんだけど、トレチノインを使うとそのサイクルが短くなる。

5年間のトレチノインを塗った結果。左が50歳。右が55歳

見てのとおりトレチノインを塗り続けることでしわ、しみが消えていく。まさに最強のアンチエイジングアイテム。

トレチノイン0.05% + 保湿剤 + 日焼け止めを2年間塗った結果

トレチノインの濃度は0.025%、0.05%、0.1%といろいろ。基本的には濃度が高いほうが効果も高いけど、その分刺激も強いから俺は0.05%を使ってる。正直0.05%でも相当刺激は強いと感じる。濃度が低くても続けることで十分効果が出るみたいだから、肌のためにも濃度は欲張らなくていいと思う。

初めて使うときは週2回で様子見。トレチノインを使った後は、肌が紫外線ダメージを受けやすくなってるから使うのは必ず夜だけ。冷蔵庫保管で。

トレチノインを塗った翌日・翌々日は顔の皮がめちゃくちゃ剥けるから、誰にも合わない日の前日か前々日がおすすめ。

ベストケンコー:トレチノイン 0.05%
※アフィリエイトリンクでない

レチノールA 1%

トレチノインで肌の刺激が強いと感じるときはレチノールのほうがいいかも。これもビタミンAの一種。

肌への効果は、一般的にトレチノインの約10分の1程度だから低刺激。といっても最初はヒリヒリするかも。毎日使うならむしろレチノールから始めたほうがいいかもしれない。焦りは禁物。

レチノールは、iHerbで買える「Life-lfo レチノールA 1%」がけっこう有名。50mlで2000円未満。わりと長く使えるし、使いやすくて良い。

iHerb:レチノールA 1%

日焼け止め

すべての人類に言いたい、日焼け止めを塗ろう。

肌の老化の原因の8割は太陽光(紫外線)というのは美容界隈ではあまりにも有名。でも残念ながら俺の周りじゃまだまだ知らない人が多い。

百聞は一見に如かず。ということでご覧あれ。

左側だけ太陽光を28年間浴び続けたトラック運転手

老化の流れをざっくり言うと以下のとおり。

  1. 太陽光(紫外線)を浴びる
  2. 肌の活性酸素(体の酸化、錆)が発生
  3. メラニン色素(シミの原因)が作られる
  4. コラーゲンや線維芽細胞を傷つける
  5. シワ、たるみが発生

しかも、太陽光(紫外線)によるダメージは肌に蓄積されるから1年後や5年後、10年後、20年後の見た目に大きく影響する。つまり、日焼け止めを塗ることは「将来の美しい見た目」への投資に他ならない

もちろん鬼滅の刃の煉獄杏寿郎のように「老いることも死ぬことも人間という儚い生き物の美しさだ」と考える人は塗らなくてもいい(笑)。でも現代では科学技術が発達して、老いるスピードを遅くすることが可能なのだから乗らない手はないよね。病気を治す手術や治療だって老いや死を先延ばしにする行為だし。

とは言え、太陽光を15分程度浴びると体内でビタミンDが作られるからそこまでシビアになるのもよくない。心配だったらサプリメントを買えばOK。

おすすめの日焼け止めは下記2つ。値段も安く使いやすくて良い。高い日焼け止めを買っても使わなかったら意味がないから安いのでOK、マジで。

コスパ最強の日焼け止め:ビオレUVアクアリッチ ウォータリージェル

個人的に「ビオレUV アクアリッチウォータリージェル」はコスパが良いと思ってる。外に持ち運ぶ用。

  • SPF50+(UVbに対し効果は12〜16時間)
  • PA++++(UVaに対し効果が極めて高い)
  • ウォータープルーフ(皮脂・汗・涙・水に強い)
  • ノンコメドジェニックテスト済み

日焼け止めはどれも安いので、一度使ってみて使用感とニキビができるかどうかを試してみるといいかも。

ビオレ
¥1,080 (2021/11/29 00:34時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピング

ポンプ式で使いやすい日焼け止め:ニベアサン

ポンプ式は日常使いしやすいので家ではニベアサンを使ってる。ポンプ式はマジで楽で良い。手の届くところに置いてる。

  • SPF50
  • PA+++
  • ウォータープルーフ
  • ポンプ式

ノンコメドジェニックではないけど俺は問題なく使えてる。

家にいる時はポンプ式のニベアサン、出かける時はビオレUVを持ち歩くといった感じ。

ニベアサン
¥839 (2021/12/03 04:59時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピング
飲む日焼け止めは意味ないよ

「飲む日焼け止め」は科学的に効果が証明されていないのでNG。Twitterでも医者がNG出してる。一応、研究や論文はあるけど信頼性と妥当性に欠けるっぽい。

少なくともアメリカ皮膚科学会(AAD)やアメリカ食品医薬品局(FDA)は飲む日焼け止めに対して警告文を出してるレベル。詳しくは調べてみてね。

保湿

美肌を作る上で保湿はマジで大事。肌が乾燥すると、肌を守ろうと皮脂の分泌が多くなってニキビの原因になっちゃう。だから常に保湿剤を使って肌を乾燥から防ごう。

あと、見た目を良くする上でも保湿は大事。肌がカサカサだと印象が良くないしね。

最強なのは「ヘパリン類似物質」を配合した保湿剤

ヘパリン類似物質は、保湿最強と言われているワセリンよりも肌の水分量が増えることが示されている成分。病院で処方される「ヒルドイド」や「ビーソフテン」の主成分になってる。これも美容界隈だと超有名。

ヘパリン類似物質の主な効果は以下のとおり。

  • 肌の水分を保持する
  • 肌の血行を良くする
  • 抗炎症作用
  • 副作用が少ない

どちらかというと、ワセリンは水分の蒸発を防ぐもの、ヘパリン類似物質は水分を保持して潤いを与えるものっていうイメージ。

ただワセリンは安いけどベタベタするので使い勝手が悪い。なので、ヘパリン類似物質を配合したローションやクリームのほうがいい。

中でもへパリン類似物質が0.3%配合されてる第2類医薬品がベスト。

薬局で買えるものならマーカムHPローションやヒルマイルドなどがおすすめ。

新新薬品工業
¥997 (2021/11/29 00:34時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピング
健栄製薬
¥1,447 (2021/11/29 00:34時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピング

CeraVeも良い

Cerave(セラヴィ)の保湿剤にはヘパリン類似物質は入ってないんだけど、個人的に使い心地が良いと思ったから紹介しておく。

CeraVe(セラヴィ)は、アメリカ皮膚科医との共同開発してるメーカーの化粧品。iHerbのスキンケアランキングでいつも上位に来てる。日本の皮膚科医とかもSNSやYouTubeでおすすめしてるから間違いなさそう。

CeraVeの保湿剤も色々使ったけど、個人的には「Facial Moisturizing Lotion PM」が一番良かった。

特徴はざっくり以下のとおり。

  • ナイアシナミド配合(シワ改善・美白作用)
  • セラミド配合(肌の水分保持・バリア機能の正常化)
  • ノンコメドジェニック(毛穴を詰まらせない)
  • オイルフリー(油分を含まない)
  • 無香料

すげー伸びが良くてさっぱりな仕上がり、でも保湿はされてる。そんな感じ。

でも残念なことに、最近iHerbでCeraVeの取り扱いがなくなったみたい。まあAmazonとかで買えるけど。

Cerave
¥2,499 (2021/11/29 00:34時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピング

化粧水

まず先に科学的な事実を言うと普通の化粧水に保湿力はない。美容に詳しい人は知ってるかも。

化粧水の実態は下記のとおり。

  • 85%の女子大生が化粧水を使用
  • 化粧水に保湿効果が無いと医学的に実証済み
  • 化粧品メーカーに騙されて化粧水を買うのは日本人と韓国人くらい

化粧水と保湿クリームを併用しても、肌の水分量は保湿クリームのみを使った場合とほぼ変わらない。なぜなら基本的に肌は水を吸収しないから。確かに、お風呂に入ってもお湯は体に吸収されないよね。

参考:Comparison of skin hydration in combination and single use of common moisturizers

ビタミンC誘導体なら効果を期待できる

化粧水に保湿力はない……とは言え、ビタミンC誘導体を配合した化粧水であれば美容効果を期待できる。つまり、「保湿」には意味がないことを承知のうえで「美容目的で」ビタミンC誘導体配合の化粧水を買っても良いかな、といった感じ。

ビタミンC誘導体の効果は以下のとおり。

  • コラーゲン産生促進
  • シミの予防とシミの改善
  • 抗酸化作用
  • ニキビの炎症を抑える
  • ターンオーバー促進

いろいろ使った中でコスパが良いと思ったのは「メラノCC」か「素肌しずく」の化粧水。どちらも1000円前後。

ロート製薬
¥1,700 (2021/11/29 00:34時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピング

「メラノCC」は、みんなが知ってる定番の化粧水で薬局で買える。「さっぱりタイプ」と「しっとりタイプ」があるんだけどエタノール(アルコール)が入ってない「しっとりタイプ」が良くて使ってる。柑橘系の匂いがちょっと独特。

素肌しずく
¥1,078 (2021/11/29 00:34時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピング

「素肌しずく」は、(近所じゃ見当たらないから)ネットじゃないと買えないかも。ビタミンC誘導体がAPPS(アプレシエ)っていう浸透性の高い成分が入ってるのに1000円という安さで売ってる。ジェルっぽい感じ。

まとめ:個人的な感想

まずは、この3つを徹底するだけでも良い結果が出ると思う。

  1. イソトレチノインでニキビを減らす
  2. ダーマペンでニキビ跡・クレーター・治す
  3. 日常的に保湿と日焼け止め(酒・タバコNG)

他にも食事や運動なども大切。

いろいろ紹介したけど個人的な意見だから、まずは皮膚科で相談してみてね。

Keigo

どうも、Keigoです!
YouTube
Instagram
Twitter
TikTok
お問い合わせ

この続きはcodocで購読

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる