当ブログのWordPressテーマはこちら公式サイト

【電源タップは寿命は3~5年】ザ・タップXがコスパ最強でおすすめ【今すぐ点検・交換を】

電源タップには寿命があるらしい。だから今使ってる電源タップを3年以上使っているなら交換を検討したほうがいい。

っていうのも、先日3年ほど使っていた電源タップが焼け焦げた。

その一週間くらい前から「何かバチバチ音がするな」と思って出どころを探していたら電源タップから火花が散っていた。というか溶けてた。

これはヤバいと思って慌てて電源タップを引っこ抜いてすぐに専門業者を呼んで電源周りを交換してもらった。原因は一つには絞れないけど電源タップの劣化かもしれないし、コンセント側の劣化かもしれない。

まあでも、そのまま寝てたら死んでたかもしれない。

ってことで急遽、使ってる電源タップを全部買い換えることになったんだけど、最強の電源タップを見つけたから紹介する。

Keigo

どうも、Keigoです!

スポンサーリンク
目次

電源タップには寿命がある

そもそも電源アップに寿命があるという概念がなかったんだけど冷静に考えて永久に使える商品などない。そんな当たり前のことを俺は忘れてしまっていた。これが平和ボケか。

なぜ寿命というフレーズにたどり着いたのかというと電源タップ関連のページを調べまくったからだ。

サンワサプライ「消耗品やぞ」

OA製品で有名なサンワサプライのHPには「電源タップの寿命があるから定期的に買い替えよう」という文言があった。

電源タップには寿命があります。

使い続けると劣化し、使用状況によってはコードやプラグなどの劣化、破損により火災の原因になる恐れがあります。

電源タップは1年に1回点検し、異常があれば新しいものに買い替えて安全に使用しましょう。| サンワサプライ

ヤザワコーポレーション「寿命あるで」

インテリア家電やPCサプライ品のメーカー「ヤザワコーポレーション(本社、東京都台東区)」のTwitterでも同じようなツイート(2021年)があった。6300件以上のいいねがついてる。

日本配線システム工業「3~5年が交換の目安な」

最初は「3~5年で買い替えは短くない? 自分たちの商品を売るためのセールストーク?」とも思ったんだけど、でもここのソースを調べてみると「日本配線システム工業」っていうちゃんとした組織が定めた規格だった。

テーブルタップ(延長コード)の交換の目安は3~5年(※)です。
そのまま使い続けると危険(怪我、火災など)を生じるおそれがあります。
(※)周囲環境や使い方によって生じる傷みに差があります。

一般社団法人 日本配線システム工業

オヤイデ電気「一概に寿命が何年とは言えんぞ」

オーディオ用ケーブルなど国内外の著名アーティストが愛用するオヤイデ電気(東京都文京区)のショップブログでは「一概に寿命は何年とは言い切れません」と書いてある。

使用環境によるところが大きいため、「何年で交換しましょう」とか「何年間はほったらかしで大丈夫」とは言えないんです。
人間の寿命と同じですね。

・抜き差しの頻度
・気温が高い、低い
・湿度が高い、低い
・ホコリの多い、少ない
・容量を目いっぱいでの使用
など

使用される方の使用方法や使用環境により、劣化・破損しますので安全に使用しましょう。

電源タップの寿命について問い合わせをいただきますので・・・ | オヤイデ電気ショップブログ

一概に3~5年というわけでもないみたい。あくまで一般的な目安だよねって話で。まあそりゃそうだ。

ただし、「定期点検は必須」と書いてあるからやっぱり目視による確認が大事だそう。

電源タップの危険度チェック

目視の点検ではこの6つをチェックするといいらしい。

  • コンセントプラグにほこりがたまっている
  • コードを束ねて使っている
  • コードが家具の下敷きになっている
  • 電気製品の消費電力の合計が電源タップの最大容量を超えている
  • コードやプラグが熱くなっている
  • 同じ電源タップを5年以上使っている

特に下2つに該当するなら買い替えたほうがいい。最悪、命に関わる

結論:パナソニックのザ・タップXがおすすめ

結論を先に言うと、電源タップはパナソニックのザ・タップシリーズが安全性や価格の面でおすすめ。

公式サイト:ザ・タップシリーズ

電源タップの安全性でザ・タップXの右に出るものはない

中でもザ・タップXが一番良い。安全性においてはザ・タップXが最強。

パナソニック(Panasonic)
¥545 (2022/01/18 16:44時点 | Amazon調べ)

特徴はざっくり下記のとおり。

  • 水やホコリの侵入を防ぐ構造
  • 熱に強い素材
  • 丈夫な根元部と断線しても安全を確保するコード
  • トラッキング&感電防止プラグ
  • 発熱を抑える高電導材

色々な電源タップを分解してガチ検証しているサイトがあって、中でもザ・タップX評価は高い。

ハンダを使っていない、工作精度は高い、ガワの強度も問題ないらしい。

市販の電源タップにはハンダがよく使われてるらしい。だけど、ハンダは銅よりも電気抵抗が高くて、240℃以上で溶け始めるから電力配線にはなるべく使わないほうがいいらしい。膨張と収縮を繰り返すことでハンダに亀裂が走って、そこから火花が散るケースもあるみたい。

あとヲタクがザ・タップXを激推ししてるらしい。

細かい話:ザ・タップXを買うべき理由

ここはちょっと個人的な余談。スルーでOK。

俺がザ・タップXを買った理由はこんな感じ。

① ON・OFFスイッチは要らない

そもそもなんだけど電源タップにON・OFFスイッチは要らない。

ちょっと前にON・OFFスイッチ付きの電源タップが便利そうだと思って買ったけど要らなかった。ずっとONのまま使うし、何よりONで常時光るLEDが眩しくて気が散るし寝られない

よく考えると、スイッチ自体が余分な機構だから壊れる確率も上がるし、そもそも言うほど節電にならない

ザ・タップXにもON・OFFのスイッチ付きはあるけど今回はスイッチなしを買った。スイッチなしだと電源タップのサイズもけっこう小さくなって良き。

まあスイッチは好みと目的次第だけど、俺は一生スイッチなしを買うと思う。

② 雷ガードは要らない

電源タップによくある「雷ガード」は実は嘘、というか正確ではないという話。

まず、雷による被害の原因はざっくり3種類。

  1. 直撃雷サージ…電柱・鉄塔・避雷針・TVアンテナに雷が直撃で発生
  2. 誘導雷サージ…電線などへの静電誘導や電磁誘導で発生
  3. 逆流雷サージ…大地を伝ってアース線から逆流して発生

これらで発生する異常高電圧の総称を「雷(かみなり)サージ」と言うらしい。

市販の電源タップで雷をガードできる可能性があるのは”小規模な誘導雷サージ”のみ。つまり、直撃雷サージや逆流雷サージなどの”本物の雷”はガードできない。誘導雷サージだとしても大規模なら防げない。これが本当。

実際の商品の裏のラベルにも「本製品は100%雷サージ保護を保証するものではありません」という主旨の記述があるはず。

っていうことを一般人が日常生活の中で理解できるわけがない。雷ガードって書いてあったら「雷をガードできるんだ」って思っちゃう。

とは言え、雷被害のほとんどは誘導雷サージだそう。だから個人レベルなら誘導雷サージ対策は有効。ただし大規模なら意味がないけど。

正直、大企業がお金をかけても雷サージを防げないのに、一個人が数千円程度の買い物で防げるわけないのが現状だと思う。

ザ・タップXが雷ガードを謳ってないのはそういうことだからかな。ガチでやるなら建物の立地・設計から対策しないといけないレベルみたいだし。

一番良い対策は、雷が来たらブレーカー(分電盤)を落とす、アース線を抜く、ケーブルを抜く、これが最強。理想ではあるけど、まあ多分やらないよね。

っていうことで、知れば知るほど電源タップの雷ガードは「お守り程度」に思えてきたので、なければないでOK。

雷が来たら諦めよう。

③ デザインって大事

電源タップはやっぱり安全性が第一だからデザインは二の次なんだけど、普段目に付くものだからどうしてもデザインが気になっちゃう。ザ・タップXのデザインはダサい

特に水色の防水パッキンが最高にダサい。何か昭和を感じる。そのまま白でよくない?

あと、ザ・タップXの6個口(6個が最大)色展開がホワイトしかない。ブラックも欲しい~。

3・4個口だとグリーン・オレンジ・ピンク・ホワイト・ブラックの5色展開なんだけど6個口はホワイトのみ。なぜ。

あと公式HPの画像の解像度が低すぎる。令和やぞ

一方で、エレコムの電源タップ、カッコよくない?

これくらいスタイリッシュがいいよね。

④ 愛三電気の電源タップも良いらしい

愛三電気は、東京都秋葉原にある電気店。


秋葉原に来たことのある人間なら一度は目にしている会社。
その品揃えと立地から大手町のデータセンター関係者御用達となっている。

愛三電気

ここの電源タップの評判がザ・タップシリーズと同じくらい良いみたい。

俺は電源タップはPC周りに使うから愛三電気の8個口が欲しかったんだけど、今回は緊急ですぐに欲しかったからパナソニックにした。Amazonやヨドバシのお急ぎ便は翌日に届くからつい使っちゃう。

愛三電気は個人商店的な感じだからかな、Amazonや楽天市場には売ってないんだよね。でもオンラインストア自体はあるっぽい。

ちなみに、愛三電気のTwitterの担当者さんがめちゃくちゃ気さくで良い感じ。

機会があれば愛三電気に行ってみたい。

【よくある誤解】ザ・タップXで音が良くなる?

結論、ならない。

ミクロ単位の数字では音は変わるんだろうけど、体感できるほどじゃない。めちゃ古い電源タップからの交換なら体感できるかも。それなら他の電源タップでも変わるか。

DTM関連でよく耳にする「電源タップで音が変わる」っていうのは事実だろうし、高級電源機材シリーズはいつか試してみたい気持ちもあるけど、そこまで投資する価値があるかと言われると個人的にはあんまない。沼だし。

まあ腐るほどお金があって暇だったら高級電源タップを買ってみてもいいかもしれないっていうレベル。

人間の耳って人類が思ってるほど正確でなく曖昧でいい加減。その日の体調とかで音の感じ方は変わっちゃうからね。耳垢掃除のほうが100倍マシ。とは言え耳垢掃除もあんまりしないほうがいいらしいけどね。

音を良くするなら単相200Vのコンセントを増設にしたり、アース線の取り付け(電気を建物の外の地面へ流す)が比較的費用対効果が高いと思う。ただし、やるなら近所の電気工事やじゃなくて音の専門業者にやってもらったほうがいい。

投資するならもっと他にあると思う。彼女にプレゼント上げるとか。彼女いないけど。

YouTubeはこちら

ザ・タップXは1,000円あればお釣りが来るレベルだから一度確認して必要であれば今すぐ電源タップを買い替えても良いと思う。

パナソニック(Panasonic)
¥545 (2022/01/18 16:44時点 | Amazon調べ)
Keigo

Keigoです。
ツイッターYouTubeインスタやってます。
お問い合わせはこちら

この続きはcodocで購読

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる