ピアノと日常をゆるく配信していますYouTubeを見る

【投資入門】ゼロからお金と日本の経済が分かるオススメの本10選【常識のアップデートが大切】

  • URLをコピーしました!

先にまとめ

  • お金や経済の話は、知識や思想が偏りがち
  • お金の知識をアップデートする感覚が大切
  • まずは人類が勘違いしている「お金の正体」を理解することが優先

こんにちは、Keigo (@type00k) です。

円安が止まらない。

この記事を書いている時点で、1ドル148円を突破した。2022年1月は1ドル115円だったので……そのうち1ドル150円、そして200円になっても不思議ではなさそうだ。

ドルに対し、2012年は1ドル78円だったので現在は円の価値が50%下落したことになる。

そんな中、先日僕の友人が、

「投資を始めたい。株とか、仮想通貨?とか。だけどそのための経済とか税金とか、正直1ミリも分からない。オススメの本とかある?」

と、質問をしてきた。

友人曰く、本屋に「絶対儲かるオススメ投資法!」「貧乏でも幸せに生きる方法!」みたいな地獄のような本が無限に並んであって絶望したらしい。で、たまたま隣で株価チェック(スマホで)していた僕を見て訊いたらしい。

確かに、お金の話は人によって意見が違うし、逆に知識がないとすぐに騙される。

ということで今回は、僕が今まで読んできた投資や経済、税金に関するオススメの本を独断と偏見に基づいて紹介したい。

Keigo

Keigoです
インスタツイッターYouTubeもやっています
お問い合わせはこちら

スポンサーリンク
読みたい場所にジャンプ

お金の話は、カオス

お金の話には、なにかと数字が絡んでくる。

ただでさえ小難しいのに、投資になると政治・経済とも強く関わってくる。前提知識がないとニュースはチンプンカンプンだ。何より門前払い感がスゴイ。

特に政治家や専門家、インフルエンサーたちがお互いに正反対のことを言い争っている姿を見ると、一般人の僕らには結局何が真実なのか、より謎が深まるばかりである。

たとえば「戦争はよくない」なんて誰もが学校で習っているけれど、未だに人類は戦争をしている。言っていることとやっていることが矛盾している。

そこには様々な国の思惑があり、社会制度やビジネス、資源、テクノロジー、保身、歴史、そして政治や経済なども絡んでくる。すべてを把握するのは難しい。

知れば知るほど「自分の意見こそが正しい、正義だ」なんて口が裂けても言えなくなってくる。自分が考えが「所詮、物事の一つの側面でしかない」と気付かされることはしょっちゅうだからだ。

一言で単純に説明できないほど、世界が複雑すぎるのだ。

現代人は、知識と思想が偏りがち

基本的に、情報のソースが一つだけだと知らず知らずのうちに知識や思想が偏っていく

特に最近の忙しい現代人は詳しく調べる時間がないので、ネットやテレビの議論の「どちらか一方の、論破した感」で物事の正しさを断定しがちだ。一次資料に当たる人は少数だろう。

今や僕らはTikTokやインスタ、Twitterなどのインフルエンサーやレコメンド機能でニュースを知ることのほうが多い。わざわざググる(調べる)人は少なくなっている(最近のGoogle検索も精度がアヤシイけど)。

とりわけ投資は、政治・経済など情報も正しく理解しないと、判断を誤ることがある。特に、ノリでお金を出すのは投機(ギャンブル)になってしまうから注意したいところだ。

地獄の多数派が、正義を振りかざす恐怖

そういえば、民主主義の理想は「みんなで話し合って決めること」と学校で習ったけれど、結局は「多数派」が物事を決めるのが現実だ。

たとえ多数派の意見でこの国が地獄へ向かったとしても、それは正義になる。

日本の経済成長率が「世界最低」である、バカバカしいほど“シンプルな理由”

実際に「20年以上も経済成長しない美しい民主主義国家、日本」を作り上げてしまったのだから、絵空事でもない。地獄の多数派に従っていたら日本の経済成長率のみマイナスになってしまった。

身近なところで言うと、日本の大卒初任給は未だに20万円問題。アメリカは50万円、韓国ですら30万円だから……日本だけ貧乏になっている。地獄でしかない。

参考:OCED「Real minimum wages

人類の誤ったパラダイム

「なぜ、こうなってしまったのか?」

この疑問が僕が投資をするきっかけになった。日本全体が経済成長しないので、個人で投資をしないと将来が不安だ。

原因を一つに絞ることはできないけれど、要因の一つは「お金(貨幣感)」についての認識を人類が間違えているからだと僕は思っている。

つまり、誤ったパラダイムだ。パラダイムとは、その時代に生きる人々が正しいと信じている思想や常識のことだ。

たとえば500年前のヨーロッパでは「太陽は、地球を中心に回っている」という、いわゆる天動説が当たり前のように信じられていた。彼らにとってのパラダイムだ。

しかし、コペルニクスやガリレオの登場により天動説は否定され、今度は地動説が世間に広まっていく。これがパラダイムシフトだ。

昭和の日本では、部活動などで「水を飲むとバテやすくなる」「夏に冷房を使うと体が弱くなる」「とにかくランニング」などと指導者に言われていたらしい。しかし、最近では科学的に否定されていることが人々に認知されてきた。有名スポーツ選手も「水を飲まないとパフォーマンスが落ちる」「海外のプロはランニングはあまりしない」など、誤ったパラダイムからの脱却、パラダイムシフトが起こっている。

世の中には誤ったパラダイムが山のように存在し、真実に気が付いた人の発信で長い年月を掛けて少しずつ修正されていく。

そしてもちろん、お金に関してもまた、誤ったパラダイムが存在しているのだ。

常識のアップデートが大切

結論から言うと、お金について人類が勘違いしている代表的なパラダイムは、

  • お金は有限である
  • 税(国税)は財源確保の手段である
  • 金や銀などを担保に政府がお金を発行している
  • 消費税は、消費者が支払う間接税である

などが挙げられる。これらはウソである。多くの専門家・有識者・政治家までもが間違えてきた(間違っていないなら25年も経済成長できないことはない)。

過去に間違った発言をしてしまった専門家・有識者・専門家は、明日の仕事がなくなるため今更発言覆すこともできなくなっている。だから彼らは今日も世界にウソをつくのだ

この誤ったパラダイムを前提にすると、どんな考えに至るのか。

    • 子育てにお金を使うために、高齢者の年金を減らせ
      → 国民の選別。全員救える
    • 保育士や介護師の給料が低いのは、そんな職を選んだお前が悪い
      → 国民の選別。政府が支出を増やせば解決(その程度で過度なインフレにならない)
    • 政治家と公務員の給料を減らせ
      → ただのルサンチマン。GDPが減るだけ。経済成長したいならむしろ増やすべき
    • 財政健全化のための増税が必要
      → 通貨発行権と供給能力が十分にあるので財政健全化も増税も不要
    • 公務員、俺たちの税金で飯食いやがって
      → 税金ではない。政府の通貨発行か銀行の貸出しによるもの(法律上、税が財源に見えるだけ)
    • ハイパーインフレになる
      → ならない。年率13,000%以上は日本が戦争で焼け野原にならないと無理
    • 政府の借金を返せ
      → 民間の資産が減るだけ。あなたの現金・預金も減る。そもそも日本以外は国債を返済していない
    • あんなに無駄遣いしてる
      → 誰かの支出は、誰かの所得。結果を見てから「あのときこうすれば!」というのは、いくらでも言える。今は政府の支出が足りていない
    • 限られた予算を〇〇分野に使え
      → どの産業も大事。どこからイノベーションが起きるか誰にも分からない。政府の選択と集中はNG
    • インフレ率3.7%超えたから日本は経済成長している
      → コロナと戦争で輸入物価(食料とエネルギー)が上がっただけ。国内需要は牽引していない。なおGDPデフレーターはマイナス
    • 経済成長しないのはイノベーションが起きないから
      → 政府が支出しないとイノベーションへの投資ができない。Appleなどはアメリカ政府がメチャメチャ支援をしてきた

それっぽい言葉や理屈、感情、データに騙されていけない。なお、僕は冗談にならないウソが大嫌いである。

実際には、お金は(日本のような自国通貨建て・変動相場制の国は)政府が無限に作り出せるし(供給能力という制約はあるけれど)、税(国税)はインフレ率を調整したり(お金の量を調節する)、格差是正、国家に通貨を流通させるなどの機能があり、政府は国家全体の供給能力(世の中の人が「信用」と呼んでいるもの。定義が不明瞭なので僕は好きじゃない)を担保に通貨を発行している。

さて、このブログでは政治について語るわけではないので、お金の話に戻す(どうしても政治経済に結びついてしまうけれど)。

だからまず優先して勉強するべきは、「お金(貨幣)」についての正しい理解だ。貨幣感を間違えるとたいていの判断を間違える。パラダイムシフトしよう。

お金とは、

  • 誰かの貸し借りの記録
  • 「政府の国債発行」と「銀行の貸出し」によって、世の中に誕生する
  • 政府の徴税によって、世の中から消える
  • 政府の負債 = 民間の資産
  • 政府の負債は、国家滅亡の日まで増え続けるもの
  • (ちなみに消費税は、事業者に対する直接税だ。裁判の判決が出ている)

といった、単なる事実(僕の意見ではない)と、その仕組み・プロセスを知ることが大切になる。できれば他人に説明・言語化できるレベルになるのが望ましい。

お金の仕組みが理解できると、経済ニュースや投資の分野もすんなり分かることが多い

ただ、お金について独学するには少し厄介なジャンルではある。正直どう勉強するべきかもイマイチ体系化していない。経済学部に入り直したところで得られる知識もたかが知れている。何よりコスパが悪すぎる。

だから結局、様々な情報が飛び交う現代では複数の情報のソースと比較して、自分の頭で考えることが「必須」になってくる。もちろん盲信するのもよくないから、毛嫌いせずに様々な意見を謙虚に聞き比べる姿勢も大切だ。

何度も言うけれどお金の話はカオスだし、初見では受け入れられないことのほうが多い。パラダイムからの脱却には時間が掛かるのだ。

一度にすべてを理解しようとせず、少しずつ常識をアップデートしていく感覚が大切。

オススメの本10選

前置きが長くなってしまった。

以下、僕が読んで本の中で、比較的分かりやすかったオススメの入門書だ。難しい本は省いた。

【金融・経済】誰も教えてくれないお金と経済のしくみ

森永康平
¥1,359 (2022/10/12 22:29時点 | Amazon調べ)

個人的には入門書としては一番オススメ。身の回りのお金から国家レベルのお金までを網羅的に解説している本。豊富なデータを使っていて客観的な知識として学ぶことができる。著者の主観はあえて抑えられている。

中学生でも読みやすい文章なので義務教育でも使えるレベルだと思う。僕が初学者だったらこれを最初に読みたい。

というか、森永康平さんの本はメチャメチャ分かりやすいので正直全部オススメ。

森永康平
¥299 (2022/10/20 13:37時点 | Amazon調べ)

【経済】東大生が日本を100人の島に例えたら面白いほど経済がわかった!

経済の話はスケールがデカすぎて分かりづらい。だから日本を100人の島で例えてみよう、という本。可愛いイラストや図解が多いので小学生でも理解できると思う。

話をシンプルにすることで「金利」や「国債」「為替」「インフレ」という用語も理解できるようになっている。

レビューを見る限りだと子供でも理解できているので、知識ゼロの人にもオススメ。

【経済】目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】

平成の日本が経済成長しなかった理由(緊縮財政)を教えてくれる本。上記の本よりは難易度が上がるけれど、用語も丁寧に解説してくれるので経済ニュースがより分かりやすくなる。お金とは何か?がよく分かる。

シリーズになっているので興味があれば順番に読むと面白い。

【地政学】13歳からの地政学 カイゾクとの地球儀航海

田中孝幸
¥1,155 (2022/10/12 22:31時点 | Amazon調べ)

地球儀を俯瞰して見ることで、世界中の国の特徴と政治的パワーバランスなどを教えてくれる本。経済に直結する「地政学」というジャンルの本。

僕は高校の頃は地理Bを取っていたが「こういう土地・風土だから、経済や政治判断がこうなるよね」とは教わらなかったから、読んでいて新鮮だった。わりと知っていることも多かったけれど。

小説っぽくて読みやすい。確かに13歳なら読める。

【税金】お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!

「経費」「節税」「確定申告」とは何か?を知りたい人が最初に読むといい本。納税は国民の義務なので「知らない」では済まされない。

一生使える知識なので学生や会社員にもオススメ。

【投資・節約】本当の自由を手に入れるお金の大学

両@リベ大学長
¥1,350 (2022/10/17 15:49時点 | Amazon調べ)

お金を「貯める・稼ぐ・増やす・守る・使う」の視点で解説してくれる本。YouTubeのインフルエンサーとして有名な方の本。

基本的な知識の解説が多いけれど、大事なことが多い。一読する価値はある。

【お金の正体】日本人が本当は知らないお金の話

三橋貴明
¥1,324 (2022/10/12 22:32時点 | Amazon調べ)

お金の成り立ちと正体について学べる本。お金が「ただの貸し借りの記録」だと理解できると今の経済ニュースがよく見えてくる。

ちなみに僕は三橋さんのブログを毎日読んでいる。

スッキリわかる 日商簿記3級 テキスト&問題集

滝澤ななみ
¥1,100 (2022/10/17 16:50時点 | Amazon調べ)

会社の貸借対照表や損益計算書、決算書の見方が分かるようになる本。いわゆる簿記。

正直、「複式簿記」の概念が理解できないと、お金の正体を理解できないから簿記3級くらいは勉強しておいて損はない。

【暗号資産】マンガでわかるブロックチェーンのトリセツ

森一弥、佐倉イサミ
¥1,287 (2022/10/17 15:51時点 | Amazon調べ)

暗号資産(仮想通貨)支える「ブロックチェーン」という技術をマンガでわかりやすく解説してくれる本。

プログラミングがさっぱりな人でも、データの改ざんが不能というブロックチェーンの仕組みと活用のされ方をざっくり理解できる。

【株式投資】「会社四季報」業界地図

東洋経済新報社
¥1,430 (2022/10/17 16:42時点 | Amazon調べ)

国内外の会社を業界別で分かりやすくまとめてある本。業界ごとの覇権・出資状況が図鑑のようにまとまっている。僕は高校生の頃から読んでいる。

2023年度版は新規注目業界として「メタバース」「脱炭素」「ESG」などの最新テーマも取り扱っている。

まとめ

投資をするなら経済と金融、政治の話も大事になってくる。

ただ、そもそも「お金」について人類は勘違いをしてきた歴史がある。だからそれを紐解くのが先だ。

それと、少しずつお金の真実に近づいているとはいえ、将来の人類から見れば僕もまだ勘違いや知識不足がある。だから、すべてを鵜呑みにせず、まずは自分の頭で考えてほしい。考えて行動し続けることでしかお金は守れない。

というわけで、以上です。読んでいただき、ありがとうございます。

普段の僕は「Twitter」と「Instagram」を軸に発信しています。よかったらフォローしてください。

さらにディープな動画が見られる、YouTubeメンバーシップもやっています。

Keigo

Keigoです
インスタツイッターYouTubeもやっています
お問い合わせはこちら

この続きはcodocで購読

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

読みたい場所にジャンプ