筋トレ・ダイエットを継続させる3つのコツと小ネタ

2019年10月4日

筋トレ・ダイエットを継続させる3つのコツと小ネタ

Keigo

どうも、Keigo (@type00k) です!

気がつけば筋トレを1年以上継続しています。

僕が感じる「筋トレをするメリット」はたくさんあります。

  • 健康になる
  • 体力がつく
  • やる気がでる
  • ストレスを発散できる
  • 自信がつく
  • Tシャツが似合う
  • 食事(栄養)について詳しくなる
  • モテる

週3~4回、1時間ほどの筋トレで、少しずつ成果が出ました。

1ヶ月も続ければ身体の変化が感じられ、3ヶ月もすれば別人のように変わります。

成果を出すには「継続」が大切

成果を出すには「継続」が大切

何事も続けることができれば成果は出ます。逆に言えば、諦めたらそこで試合終了です。笑

筋トレを継続するコツは下記3つです。

  1. できるだけ家から近いジムに通う
  2. 筋トレ・ダイエット系動画を見る
  3. SNSにアップする

以下、順番に解説していきます!

その1:できるだけ家から近いジムに通う

ぜひ、ご近所のジムに入会しましょう。それもできる限り近いジムへ。

家で筋トレしてもいいですが、正直あまりおすすめしません。器具も揃えなければいけませんし、何よりモチベーションの維持がとてつもなく難しいです。出会いもないですし。3日坊主になった経験ありません?笑

ジムであれば「筋肉をつけたい」「ダイエットしたい」という人たちが集まるので「自分も頑張ろう!」と思えますし、SNS用の写真も映えます。笑

「できる限り近いジムへ」と強調したのはジムに行くまでのハードルを下げるためです。学校や会社帰りに通えるジムも良いと思います。

家から往復で何分もかかる場所だと「メンドクサイから行かなくていいや」「雨で濡れるから今日は止めよう」と、サボる言い訳を探しがちです。

ジムに行かなければ筋トレは始まらないので。笑

ちなみに僕は家から徒歩3分のところのジムに通っています。もはやコンビニ感覚です。笑

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

限界を 超えたその先 行ってきます デッドリフト 145kg x 3rep

Keigoさん(@type00k)がシェアした投稿 –

補足:フィットネスジムの裏事情

2017年の某大手フィットネスジムによると、ジム会員の約80%は幽霊会員だそうです。

1000人の中の30人がジムに通っていて、その中で継続してトレーニングしている人が6人。

引用:ジム会員の80%が幽霊会員!?日本とアメリカの健康に対する意識、フィットネス事情の比較

皮肉なことに「会費を払い続けているけどジムの利用がない会員」がいるからこそ、フィットネスジムの経営が成り立っているのです。恐ろしい現実です。笑

その2:筋トレ・ダイエット系動画を見る

YouTubeで筋トレ・ダイエット系の動画を毎日見ましょう。

「あの人が頑張っているから自分も頑張ろう」
「あんな身体になってみたい」

など、モチベーションが上がりまくります。

さらに、トレーニングの理論や食事、栄養の知識も身につくので一石二鳥です。

最近はフィットネスがブームになっていることもあり、色々なチャンネルがあって面白いです。

また、骨格や遺伝子は十人十色なので、トレーニング方法や食事、休息の考え方がそれぞれ違っていたりして見比べるのも楽しみの一つです。

ついでなので僕のトレーニング動画でも上げておきます。笑

Keigo

YouTubeのチャンネル登録 (@Keigo) よろしくお願いします!

その3:SNSにアップする

ジムに行ったら写真を撮って、SNSで公開しましょう。

これ、意外と重要です。

「成果(写真)」を振り返ることで自分の成長を実感できます。やる気がでます。

もちろん僕は毎回行っています。

最初は写真を撮るのに抵抗がありましたが、今ではもはやルーティーンです。ジムに行ったら必ず撮ります。笑

せっかく良い身体になったのに、元に戻ったらもったいない!笑

SNSに写真をアップし続けると、周りの評価も気になって強制的に筋トレを止められなくなります。笑

知っておくといい「継続」の小ネタ

知っておくといい「継続」の小ネタ

知っておくと良いことも紹介します。

  1. 他人と比較しない
  2. 頑張りすぎない
  3. たまにはサボる

順番に解説していきます!

その1:他人と比較しない

SNSを見ていると、たまに凄い身体をしている人がいて萎えます。笑

圧倒的な筋肉を目の当たりにして、

「あれ? 実は自分の身体ってしょぼくね? あんなに頑張ったのに……!」

ってなります。笑

でも正直、他人と比較しても無意味だと思っています(選手は別だけど)。

トレーニングを長く続けている人のほうが筋肉が大きいのは当然だし、最終的には骨格や人種、遺伝子の問題もあります。ホルモンの関係で筋肉がつきやすい人とか、筋肉の形とかね。

さらに、一般の人にはあまり知られていませんがボディービルやフィジークでは薬物をやっている人もいるので、通常のトレーニングだけでは到達できない身体だったりします。詳しくは「FFMI」で調べてみてください。

僕は他人と比較するのではなく、いかに今の筋トレを無理なく続けるか、だけを考えています。

トレーニングさえ続けば、間違いなく良い身体に近づけますから。

気楽にやりましょう。笑

その2:頑張りすぎない

トレーニングを1ヶ月も続ければ自分の身体の変化に気づけます。3ヶ月もすれば別人のように変わるので周りの人からの評価もあると思います。

ただ、焦ったところで体脂肪はそう簡単に落ちませんし、筋肉もそこまで早くつきません。根性論でどうにかなるものではないですから笑

また、トレーニングを限界まで頑張ったからといって筋肉がつくわけでもないです。

ある程度のストレスを筋肉に与えれば、もうそれだけで成長します。
歯を食いしばるほどの重たいダンベルやバーベルを持ち上げる必要はないです。

逆にトレーニングを頑張りすぎると筋肉が分解されて小さくなることがありますし、何より疲労で怪我に繋がりやすくなります。

怪我をしたら元も子もありません。

正しいフォームで狙った部位に効かせられれば、それでトレーニングは十分。一部位10分で終わりです。

正直、超楽ですよ。そりゃあ重い重量を挙げる瞬間は辛いですけど。笑

トレーニング後にシャワーでも浴びて、さっさと家に帰りましょう。笑

その3:たまにはサボる

全然サボってOKです。笑

たまにハードにトレーニングをしたときは一週間くらいジムに行きません。サボります。笑

実は、筋肉は休んでいるときに成長します。どの部位もだいたい2~3日の休みが必要です。

ようは適度にサボらないと筋肉が増えないんですよ。これ超大事。半年サボったりするのはさすがにマズイですけど。笑

以下、トレーニング後の筋肉が回復までに掛かるおおよその目安です。もちろん個人差はありますが。

場所 部位 時間
背中 広背筋 72
大胸筋 48
太もも 大腿四頭筋 72
太ももの裏 ハムストリング 72
お尻 大殿筋 48
上腕二頭筋 48
上腕三頭筋 48
腹筋 24

継続が習慣になると、逆にサボりたくても暇になるのでジムに行きますけどね。シャワーも使い放題ですし。笑

筋トレのコスパは最強だと思う

筋トレのコスパは最強だと思う

「近所にジムができたから」という理由で初めた筋トレですが、気がつけば筋トレが生活の一部になっています。普通に楽しいです。

やっぱりSNSに写真を投稿していると他人の目にも止まるし、何より自分の成長を感じられてやる気が出ます!

「継続は力なり」と言いますが、継続に勝るものはありませんね。笑

これからも筋トレを続けていきます。

Keigo

Instagramのフォロー (@type00k) よろしくお願いします!

人気記事すべての日本人が取り組むべき究極の筋トレ「床引きデッドリフト」という名のプル系最強種目

人気記事僕の中で定番化したiHerbで買える筋トレ系サプリメントを紹介!