【最強の空気清浄機!?】ダイキン「クリアフォースZ」で鼻炎から開放された話(後編)

2017年11月20日

●●●
Keigo

どうも、鼻炎が治まったKeigoです!

前回の記事の続きです。

前の記事【最強の空気清浄機!?】ダイキンのクリアフォースZが人生を変えた! 悩みの鼻炎から開放された話(前編)

結論から言うと、鼻炎対策には「空気清浄機の設置」が最適です。鼻炎対策=空気清浄機の設置です。

今となっては「なぜもっと早く買わなかったんだ」と過去の自分を弱めに殴りたいほどです。

以前まで「空気清浄機なんかで本当に何かが変わるのか?」と、大変誤った偏見を持っていたからです。

鼻炎・花粉症・ハウスダストに悩んでいる方はぜひ、空気清浄機の購入を検討してみてください!

created by Rinker
ダイキン(DAIKIN)
¥74,800 (2019/10/14 12:38:31時点 Amazon調べ-詳細)

空気清浄機のメーカーを比較する

▼価格.com「空気清浄機」のメーカーのシェア率(2017年11月現在)は以下のようになっています。

▼2018年12月現在は、以下のようになっています。

  • シャープ:50% ↓
  • ダイキン:20% →
  • パナソニック:10% ↑

売れ筋のメーカー順は1年経っても変わりませんね。

1位はシャープですが、僕は個人的に空調機器を買うなら「空調事業世界一のダイキン」と決めています。実家のエアコンが昔からダイキンなので親しみ深いからです。笑

トレンドはあくまで参考までにして、性能>価格>デザインを意識して、徹底的に商品のリサーチを行いました。

加湿機能と除湿機能

最近の空気清浄機は、単に部屋の空気清浄機能だけでなく、加湿機能が付いているものが多いです。

冬の乾燥した空気は部屋の湿度を下げるので、ウイルスや菌が繁殖しやすくなりインフルエンザなどにかかりやすくなるし、空気清浄機能と加湿機能の組み合わせは機械的にも相性が良いからでしょうね。

どの商品もだいたい3万円前後の商品が多く、加湿機能・花粉モード・PM2.5に対応しています。

「空気清浄+加湿」なら、評判の良いこちら↓がベストだと思います(2019年7月現在)。

created by Rinker
ダイキン
¥39,800 (2019/10/14 12:38:31時点 Amazon調べ-詳細)

一方で、除湿機能が付いた空気清浄機もあり、洗濯物を室内で乾燥させたり、ジメジメした部屋の空気を適切にしてくれます。除湿機能があると雨の日でも洗濯機を回せるのでとても便利ですよ!

さらに、僕の部屋にはアコースティックギターやアップライトピアノ、バイオリンがあるので除湿機能が必須です。室内の相対湿度50%前後に保つことで楽器のコンディションを整えることができるからです。

とりわけ、楽器を保有している人(特にアコースティック系)は、除湿機能は合ったほうが良いと思います。

①温度が上がると、ゆるやかにピッチが下がる
②湿度が上がると、ピッチがかなり上がる

引用:ピアノのピッチと温度と湿度の関係について

●●●
Keigo

クロサワ楽器の「Martinギターの取り扱いについて」が参考になるよ!

▼オススメの湿度計はこちら。毎日ちらっと見るだけで部屋の環境の変化がよく分かります。

created by Rinker
EMPEX
¥1,595 (2019/10/13 18:56:33時点 Amazon調べ-詳細)

また、「アメリカ暖房冷凍空調学会」によると、ウイルスや菌などに対しても相対湿度50%が最適の値です。下の図を見れば明らかですよね。

場所にもよりますが、日本の夏は湿度が70%以上、冬は30%以下になることもあるので、インフルエンザなどにかからないためにも、加湿機能と除湿機能の両方が必要になります。

ダイキンのフラッグシップ「クリアフォースZ」が最強!

そんなこんなで、以前、僕が購入したのはダイキンのフラッグシップ機、「クリアフォースZ MCZ70T」です。

▼2019年の最新版はこちら

created by Rinker
ダイキン(DAIKIN)
¥74,800 (2019/10/14 12:38:31時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは「空気清浄+加湿+除湿」の機能が一つになった最強の除加湿空気清浄機なのです!

●●●
Keigo

価格も9万円と最強! さらば諭吉ぃ!

▼というわけで写真を撮ってみました。

▼空気清浄、加湿、除湿、全自動などモードが液晶で表示され、現在の部屋の湿度がひと目でわかるようになっています。

▼蓋を開ければ細かい設定ができ、タイマーやスイング、表示ランプの光量などを調整できます。

「空気清浄」モードでの動作音はとても静かです。夜も普通に眠れます。もちろん、除湿や脱臭などでフル稼働するときは騒がしいですが。

部屋干しの洗濯もこれですぐに乾きます。というか、もはや外に洗濯を干すことがなくなりました。外は意外と排気ガス等の影響受けやすいようなので……。

●●●
Keigo

懸垂スタンドが物干しの代わりになるから一石二鳥!笑

created by Rinker
YouTen(ユーテン)
¥8,780 (2019/10/14 12:38:32時点 Amazon調べ-詳細)

他社製品が「クリアフォースZ」に追いつけない最大の理由

それが「しつどセレクト機能」。

「高め」(60%±5%)、「標準」(50%±5%)、「低め」(40%±5%)と、設定した湿度に加湿や除湿を自動でコントロールします。これが「クリアフォースZ」が頂点にして最高、最強な理由です。

他社製品では湿度の値をコントロールできないのです。

先程も述べたとおり、僕は楽器を部屋に置いているので湿度を50%にコントロール(保つ)してほしいのです。他社製品は「低め」や「普通」「高め」などでしか設定できないことがほとんどです。

除湿機単体ですが、三菱電機の「MJ-180MX」は湿度コントール機能が付いています。

created by Rinker
三菱電機 (MITSUBISHI)
¥83,580 (2019/10/13 18:56:34時点 Amazon調べ-詳細)

「空気清浄機+除湿機」を買うという方法もあります。しかし、それだと場所を取るし、なにより管理が大変です。どうせなら一体型を購入したほうがいいですよね。

そこで「クリアフォースZ」が登場するわけです。

●●●
Keigo

この間、近所の子供の父親がダイキンで働いてたのが判明した。笑

それでも「クリアフォースZ」には弱点が3つある

でかい、ダサい、なにより高い。笑

加湿と除湿でタンクが別になっているので、「MCK70T」のような通常の「空気清浄+加湿」の商品よりも一回りか二回り大きいです。

ただ、クリアフォースZにはキャスターが付いている(自分で取り付ける)ので移動はスムースに行えます。

また、なぜか「MCK70」のようなスタイリッシュでシンプルなデザイン製がありません。いかにも白物家電のようなデザインです。

created by Rinker
ダイキン(DAIKIN)
¥48,800 (2019/10/13 18:56:34時点 Amazon調べ-詳細)

技術的な問題なのかもしれませんが、もう少しデザイン面で頑張ってほしかったです。

●●●
Keigo

デザインの重要性! デザインの重要性!

さらに、機能が多すぎて、UIに優れていません。

こちら、クリアフォースZの機能一覧をご覧ください。

Keigo

これは初見で理解できない。笑

持っていないと分かりにくいですが、初見だとまず「運転切替」と「モード」の違いすら分からないです。

一般的に「加湿」か「除湿」、もしくは「自動」を設定し、「強弱」を選ぶことができれば他のモードはいらないと思います。察するに、他のモードは湿度と強弱のプリセットの違いだけなので。

また、表示ランプをオフにしても運転ランプは消えないので夜寝るときに眩しいです。空気清浄機は寝室に使うからこそ価値があるので運転ランプはぜひ消えてほしいです。僕は運転ランプのLEDにテープを貼っています。笑

運転時は液晶が常時うっすら表示されていて、それ自体が運転ランプの機能を果たしているので運転ランプはいらないと思います。

「空気清浄」「除湿」「加湿」「しつどセレクト(自動運転)」だけで機能は十分過ぎると思いますが、機能を増やすことで付加価値を付けているのでしょうか。

●●●
Keigo

今は「空気清浄」と「しつどセレクト」だけ使ってる。笑

「クリアフォースZ」を使ってみて

以下のような鼻炎の症状が見事になくなりました。

  • 止まらない鼻水 → 解消
  • 大量のティッシュ消費 → 解消
  • 睡眠時の鼻づまり → 解消
  • 目の充血 → 解消
  • 目の痒み → 解消

自分でも驚くほどに快適になりました。

しかし、それだけじゃない!

  • 部屋の嫌な臭いがしない(脱臭)
  • 部屋が快適になる(除加湿)
  • 楽器のメンテナンスになる(除加湿)
  • 風邪を引かない(空気清浄)

と、良いこと尽くめ!

「なぜもっと早く買わなかったんだ」……と良い意味で後悔しました。笑

新品で約9万円と決して安くはないですが、健康な身体を維持できるなら安い買い物だと割り切っています。

●●●
Keigo

クリアフォースZ、凄すぎ。笑

「クリアフォースZ」気をつけてほしいこと

空気清浄機の内部にフィルターが入っているので、定期的に掃除機をかけてフィルターを掃除しましょう。これはクリアフォースZだろうがなんだろうが空気清浄機を持っている人は必須です。

使っているうちにフィルターは汚れてくるので、掃除をしないと性能も少しずつ落ちていってしまいます。

例によって僕は鼻炎持ちなので毎日部屋の掃除は必須なのですが、ついでにフィルターの掃除も行っています。

また、空気清浄機は「つけっぱなし」推奨のようです。

「出かけるからエアコンを消す」とは訳が違うので、24時間365日つけたままにしましょう。

ちなみに、クリアフォースZの場合1日約6.5円です。1ヶ月で195円。1年で2340円。

もちろん、除湿が一番電気を使うので夏は少し高くなりますが……。

クリアフォースZは最強です

今回は『クリアフォースZ』について紹介しました。

花粉症やハウスダストに悩むアレルギー性鼻炎の人でも、そうでない人でも、部屋に空気清浄機があって困ることはありません。

特に小さいお子さんがいる家庭なら、なおさら購入を検討したほうがお子さんの成長のために良いと思います。

長々と書きましたが、僕はただのダイキン信者です。ダイキンのマワシモノではありません。笑

素晴らしい製品を作ってくれたダイキンの人に感謝しながら、今夜も眠りにつきたいと思います。

というわけで、空気清浄機ならダイキンのクリアフォースZを買いましょう!

●●●
Keigo

Instagramのフォロー (@type00k) よろしくお願いします!

▼最新版のクリアフォースZ!(2019年現在)

created by Rinker
ダイキン(DAIKIN)
¥74,800 (2019/10/14 12:38:31時点 Amazon調べ-詳細)

人気記事すべての日本人が取り組むべき究極の筋トレ「床引きデッドリフト」という名のプル系最強種目

人気記事僕の中で定番化した「iHerb」で買えるおすすめの筋トレ系サプリメントを紹介!