無線ルータはNECで決まり!コスパ最高の 「WG1200HS3」レビュー

2018年12月12日

●●●
Keigo

どうも、Keigoです!

先日、バッファローの無線ルータ「WHR-300」が突然使えなくなってしまいました。

created by Rinker
バッファロー
¥4,080 (2019/07/17 21:39:32時点 Amazon調べ-詳細)

数日ぶりに自宅に帰ってきて、早速インターネットに接続しようと電源タップのスイッチを入れるもルータが正常に作動しない。いつもなら5つあるランプが順に光るはずなのに電源ランプのみがチカチカと高速で点滅し続ける。

何度もスイッチのオン・オフを繰り返したり、しばらく時間をあけてから起動など、色々試みるもうまくいかない。

「ああ、これは逝ったな」と思いました。5年前に買ったルータなので寿命なのだろう、と。今まで特にトラブルもなく使えていたので、むしろよく5年も使えたな、と。

修理か、買い替えか。さあ、困った。

故障の原因は「ACアダプタ」?

▼使っていたバッファローの無線ルータ「WHR-300」。5年は問題なく使えた。

ルータ経由でネットに接続できないと筋トレくらいしかやることがありません。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

筋トレ8ヶ月目。体重61kg。 フルスクワット130kgが上がった! 45度レッグプレスも150kgからやっと200kgまで上がった。 体重は増えていないから神経系が発達してきたのかな。 リーバイスが履けなくなったけども。笑 #ジム #筋トレ #トレーニング #スクワット #ビッグ3 #ソニー #α6000 #リーバイス #自撮り#エニタイム #トレーニング #ミラーレス #fitness #gym #フィットネス #camera #sony #カメラ #ソニー #いいね #エニタイムフィットネス #anytimefitness #instagood #photooftheday #photo #like #sigma #シグマ #big3 #ビッグ3

Keigoさん(@type00k)がシェアした投稿 –

ニュースも仕事もYouTubeも、何の情報も満足に得ることができない……。

自宅は鉄筋コンクリート造のためか、いつもスマホの回線が悪い。だからWi-Fiが必須。PCは有線ですが、ルータが使えないとなると……言わずもがな。

なんとかスマホの回線が通じる状況なので、早急に原因を探る。

しばらく検索していると、どうやら故障の原因は「ACアダプタの不良」と発覚しました。ルータ自体は壊れておらず、ACアダプターの電力供給が不安定になりルータ側のスイッチが高速でオン・オフを繰り返しているらしい。

▼原因はこのACアダプタか?

ルータ付属の「12V、1AのACアダプタ」を新しい物に交換すれば問題なく使えそう。ネットで800円くらいと安い。実際に交換するとあっさり直ったというブログが多数。

しかし、都合よく自宅に予備のACアダプタなどあるはずもなく、

アマゾンで注文すっかー」

と、ろくにネットが働かない状況でこの思考が真っ先に出てくるあたり、もはや現代文明に侵されている。注文したところで届くのは明日以降だし、近所の家電屋で買ったほうが早い。自明の理。

そんなこんなで家電屋に向かうも、目的のACアダプターが2000円もすることが判明! やっぱり家電屋は高いなあ。

解決策は2つ。

1. ACアダプタを買う
2. 無線ルータを買う

しばらく悩みましたが、ここは後者の買い替え案に軍配。新しく無線ルータを買うことにしました。

●●●
Keigo

ルータは消耗品!

「バッファロー」か「NEC」か問題

ルータといえば「バッファロー」と「NEC」が売れ筋という印象があります。

▼事実、価格コムの売れ筋の90%が「バッファロー」と「NEC」です(2018年12月現在)。

▼ルータの価格帯は3000~6000円が一番多いですね。

個人的にはバッファローのルータで困ったことはないので、今回もバッファローでいいかなあとも思ったのですが「NECの無線ルータは安定している」というネットの評判も気になり、今回はNECの中から選ぶことにしました。いや、むしろ「NECは防衛省御用達メーカー」というパワーワードが決めてに。笑

NEC無線ルータの違いは意外と簡単

NECの無線ルータは、まず「ストリーム数」によって大きく4つに分類されています。ストリームは搭載されているアンテナの本数のことです。ストリーム数「4」が最もグレードが高く、「1」が最小です。

▼NECの無線ルーターの最新スペック比較表(2018年12月)。

ストリーム数が多いほど「実効スループット(理論上、実際に通信できる最大値)」が高くなります。電波が壁を通る力も強くなるので部屋が多いなどに有効です。

逆に、一人暮らしなどで部屋の数が少なければストリーム数は2で十分です。1でも問題ないと思いますが、そのモデル「WF800HP」は発売が2013年と古いです。が、安さを求めるならありですね。なにせ2000円台で買えるので。

●●●
Keigo

はーい、一人暮らしです! 

有線LANの速度はどのモデルも1000Mbpsと、ほぼ変わりません。ただし「WF800HP」は100Mbpsなので速度は10%以下になっています。

ちなみに今はどのモデルも新しい無線の通信規格「IEEE802.11ac」に対応しています。

以下、NECのホームページにある無線ルータの最新ラインナップです(2018年12現在)。

▼最上位モデル「WG2600HP3」。ストリーム数4。発売日は2018年7月5日。

▼上位モデル「WG1800HP4」。ストリーム数3。発売日は2018年10月11日。

▼中間モデル「WG1200HS3」。ストリーム数2。発売日は2018年10月11日。

▼エントリーモデル「WF800HP」。ストリーム数1。発売日は2013年6月20日。

created by Rinker
NEC
¥2,355 (2019/07/17 21:39:35時点 Amazon調べ-詳細)

「WG1200HS3」早速開封

結局、バッファローのACアダプタが故障したその日に家電屋で買ったのがNECの「WG1200HS3」です。

●●●
Keigo

一人暮らしだからね!

今回は時間がなかったので色々な商品を比較しながら一つに絞るという手順は踏めませんでしたが、結果から言うとに大満足です。

WG1200『HP3』」と迷いましたが「WG1200HS3」との違いである「バンドステアリング」は不要だったのでより安い「WG1200HS3」を選びました。

バンドステアリングとは、無線の接続先を「2.4GHz」と「5GHz」の空いている周波数帯へ自動的に切り替えてくれる機能です。一見便利そうですが、僕は他の家電とより干渉しない「5GHz」しか使わないのでこの機能は使いません。

▼今回買ったNECの無線ルータ「WG1200HS3」。青いパッケージが特徴。セールで少し安く買えた。

▼自宅に帰って早速開封、交換していきます。

▼箱の裏面。

▼説明書とご対面。

▼本体、ACアダプタ、スタンド、説明書、なにげに嬉しいLANケーブル入。

▼NEC「WG1200HS3」とバッファロー「WHR-300」との比較。かなりコンパクトになった。

▼背面の比較。モデムからケーブルを繋ぐ位置のわかりやすさはバッファローに軍配。

●●●
Keigo

2回りくらいコンパクトになった!

ネットの速度が6倍以上も早くなった!

問題なくインターネットに接続できました。

有線・無線ともに速度が上がりました。5年も経っているので当然かな?笑

▼Xperiaで計測したところ下りは6倍、上りは3倍以上早くなりました(平均との比較)。

●●●
Keigo

めっちゃはええ!

インターネットに接続するのにIDやパスワードの登録が必要なので説明書を読んだだけだと初心者さんには厳しいかもしれません。わからなければぜひパソコンに詳しい人に訊いてみてください。

おわりに

いかがだったでしょうか。

今回はNECの無線ルータ「WG1200HS3」について紹介しました。

突然のトラブルで焦りましたが無事ネットに接続できて安心しました。有線・無線のどちらも速度が上がったことも良かったです。

またしばらくトラブルがでないことを祈りながら、今日も快適なネットライフを楽しみたいと思います。笑

関連記事

31.5インチディスプレイ「ASUS VA32AQ」が最高すぎる

【大容量2TB】M.2 SSD「WDS200T2B0B」が最高すぎた!