「シュタインズ・ゲート」がどれほどまでに素晴らしい作品かを伝えたい

2018年6月18日

●●●
Keigo

どうも、シュタゲ大好き、Keigo (@type00k) です!

2018年4月。「STEINS;GATE」の続編アニメ「STEINS;GATE 0」がテレビで放送されました。

ブログを執筆している今現在10話まで放送されているのですが、改めて本当に面白い作品だなと感激して「誰かにこの素晴らしさを伝えたい!」と居ても立ってもいられなくなっで筆を執った次第です。

僕は2010年に発売されたPC版「STEINS;GATE」で初めて知ったのですが、それはそれは衝撃でした。

タイムマシンを扱うタイムトラベルものSF作品。空想科学ADV。

設定や描画、演技、音楽が尋常じゃないほど作り込まれていて、序盤、中盤、終盤、隙がありません。コメディと萌えが中心の作品かと思えば、特に中盤から終盤のシナリオはまさに見事にとしか言いようがありません。

タイムトラベルものという、ただでさえ混乱しやすいジャンルをこうも分かりやすく、そして面白く作り込んでいる作品もそう多くはないのではないでしょうか。

この記事では、今一度「STEINS;GATE」を振り返り、素晴らしさを解説するものです。できる限り未プレイ・未視聴の方にもわかるように解説しますが、がんがんネタバレしていきますので注意してください。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

STEINS;GATEといえば、GATE OF STEINER。

Keigoさん(@type00k)がシェアした投稿 –

『Steins;Gate』作品の概要

内容の解説の前に、まずはざっとおさらいしましょう。

『STEINS;GATE』の原作はゲームです。

created by Rinker
ニトロプラス
¥3,800 (2019/12/16 05:08:24時点 Amazon調べ-詳細)

2009年に5pb.(現MAGES.メージス)ニトロプラスのコラボレーションで生まれました。

©MAGES./5pb./Nitroplus

  • ジャンル:空想科学ADV
  • コンセプト:99%の科学と1%のファンタジー

一般的な分類すると「SF + アドベンチャー」のゲームです。

SFと言っても「STAR WARS」のような宇宙ものではなく「時をかける少女」のようなタイムリープものです。主人公が何度も過去に遡るタイプ(厳密には違います)の作品ですね。

created by Rinker
KADOKAWA
¥3,500 (2019/12/16 05:08:25時点 Amazon調べ-詳細)

また、原作「STEINS;GATE」は、ノベルゲームです。いわゆる「文章を読むことが中心のゲーム」です。「ゲームか?」と言われると「読み物かなあ」という感じもしますが『移動する』や『電話をかける』などキャラクターの行動を自分で選択できて、時々現れる選択肢の選び方次第でストーリーの展開と結末が変わるので、そういう意味ではゲームに分類できます。

2018年現在で、対応機種は以下のとおりです。

  • XB360 (2009/10/15)
  • Windwos (2010/8/26)
  • PSP (2011/6/23/)
  • iOS (2011/8/25)
  • PS3 (2012/5/24)
  • PSVita (2013/3/14/)
  • PS4/PSVita/Switch(ELITE) (2018)

僕としてはできれば先にゲームをやることを強くお勧めします。

原作では全6つのエンディングパターンが用意されていて、途中の選択肢により各ヒロインのエンディングへ分岐することになります。

  • 鈴羽エンディング

  • フェイリスエンディング

  • るかエンディング

  • まゆりエンディング

  • 紅莉栖エンディング

  • トゥルーエンディング

Keigo

そう、「STEINS;GATE」はギャルゲーなのだ!笑

アニメ版はトゥルーエンディングが採用されています。

2011年に「STEINS;GATE」がアニメ化されたこともあり、ゲームの売上30万本以上の大人気作品になりました。

また、関連・続編ゲーム作品もあります。

▼STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん (2011)

created by Rinker
5pb.
¥1,250 (2019/12/16 05:08:31時点 Amazon調べ-詳細)

▼STEINS;GATE 変移空間のオクテット (2011)

created by Rinker
GigasDrop.
¥3,800 (2019/12/16 05:08:26時点 Amazon調べ-詳細)

▼STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム (2013)

created by Rinker
5pb.
¥4,800 (2019/12/16 05:08:27時点 Amazon調べ-詳細)

▼STEINS;GATE 0 (2015)

created by Rinker
5pb.
¥1,550 (2019/12/16 05:08:28時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみに「STEINS;GATE 0」は「STEINS;GATE」の続編です。

Keigo

初見の方は先に「STEINS;GATE」のゲームをプレイするか、アニメを視聴しよう!

「STEINS;GATE」のあらすじを簡単に紹介

ありきたりな日常、秋葉原の街、2010年の夏──。静かに物語は始まっていく。

秋葉原を拠点とする小さな発明サークル「未来ガジェット研究所」のリーダーを務める大学生の岡部倫太郎(主人公)は、研究所のメンバー(ラボメン)の橋田至や幼馴染でもある椎名まゆりと共に、日々ヘンテコな発明を繰り返していた。

2010年7月28日、岡部はまゆりと共に向かった講義会場で天才少女の牧瀬紅莉栖(メインヒロイン)と出会うが、ラジ館の8階奥では血溜まりに倒れている紅莉栖を目撃し、そのことを橋田へ携帯メールで報告する。
その直後、めまいに襲われた岡部が我に返ると、ラジ館屋上には人工衛星らしきものが墜落しており、周辺は警察によって封鎖されていた。

先ほど送信したはずのメールはなぜか1週間前の日付で受信されており、周囲が話すここ最近の出来事と岡部の記憶の間には、齟齬が起こっていた──。

主人公の岡部倫太郎が過去へ飛ばされてしまうのが物語の序章です。厳密には意味合いが少し違うのですが、作品を進めていく上で徐々にその謎が明かされていきます。

Keigo

序盤でハマる!

「世界線」というキーワード

「STEINS;GATE」を語る上で欠かせない専門用語の一つ、「世界線」という概念を先に理解しておきましょう。

「時間」とは過去から未来へたった一つの川が流れているようなものではありません。

例えば私が過去へ戻って、「A」という人物を殺したとします。すると「ダイバージェンス」と呼ばれる数値に変動が起こり、世界線は「A」という人物のいない世界へ移動するのです。

世界線移動のとき、人々の記憶は再構築されます

つまり、「A」という人物がいた以前の世界線の記憶は消去され、新たにできた、「A」という人物がいない世界線の記憶が再構築されるのです。

ジョン・タイター アニメ版3話より

本作品におけるタイムリープは、一つの数直線上の時間軸を行き来する(時かけ)のではなく、複数の並行世界(パラレルワールド)に跳んでしまうということです。

そして原因は不明ですが、主人公の岡部倫太郎だけは世界線を移動しても記憶を保持することができるのです。

Keigo

この能力が、リーディングシュタイナー!

この「世界線」の仕組みをしっかり理解しておくことで「STEINS;GATE」を最大限楽しめるようになります。

本編を振り返る

さて、原作・アニメの「STEINS;GATE」において、世界線は大きく分けて3つあります。

  • α世界線:世界線変動率(ダイバージェンス)0%代

  • β世界線:世界線変動率(ダイバージェンス)1.1%以上 ← 初めはここにいた

  • シュタインズ・ゲート:世界線変動率(ダイバージェンス)1.04%~

物語で初めて登場する主人公の岡部倫太郎がいた世界は「β世界線(世界線変動率1.13%代)」です。

世界線変動率(ダイバージェンス)は、世界線の移動が起こり、世界が再構成されたときの差異を数値として表したものです。 

その数値は、タイムトラベル時に世界線変動率を測定して表示する装置「ダイバージェンスメーター」で測定できます。

2021年の「α世界線」、世界線変動率0%代の岡部倫太郎が、かつてジョン・タイターがネット上で説明したタイムマシンの原理の記憶を元に開発しました。

●●●
Keigo

このダイバージェンスメーターがめっちゃかっこいい!

1.最初の世界線移動

物語の序章。2010年7月28日。

血溜まりの中に牧瀬紅莉栖が倒れているのを岡部倫太郎が発見し、そのことを橋田至にメールする。このメールがきっかけで、もとにいた「β世界線」から「α世界線」に移ってしまいました

「α世界線」では、血溜まりの中に倒れていたはずの牧瀬紅莉栖は存在せず、ラジ館にタイムマシンが突き刺さり、中鉢博士の記者会見の発表が中止になります。

岡部倫太郎は「β世界線」の記憶と現実の「α世界線」の齟齬に戸惑い、記者会見の日の記憶は自分の妄想だと決めつけます。

2.タイムマシンの完成

その後、岡部倫太郎は桐生萌郁、漆原るか、フェイリス・ニャンニャン、阿万音鈴羽たちとの交流を経ていきます。

また、牧瀬紅莉栖や橋田至の協力もと実験を重ね、過去にメールを送れる「Dメール」を完成させてしまいます。これが本作におけるタイムマシンの一つです。

実験と称してロト6で金儲けを企んだり、仲間の願いを叶えたり、と「Dメール」を使って過去を変えていきました。

しかし、過去改変を繰り返していくにつれて想像以上に世界が大きく変化していく現実を岡部倫太郎は少しずつ認識していきます。

●●●
Keigo

実際に起こったらめっちゃ怖いやつ

3.世界の覇権を企む「SERN」の襲撃

過去改変を繰り返す一方で、SERN(セルン)と呼ばれる組織が岡部倫太郎たちを狙っていました。

彼らの目的はタイムマシンの開発と独占です。自分たちの邪魔になる存在を嗅ぎ回っていました。

自分たちが命の危険に晒されていることを一切知らない岡部倫太郎は、興味本位からさらなるタイムトラベルへの可能性を模索します。

「Dメール」の研究からさらに改良を施し、自らの記憶を過去へ送れる「タイムリープマシン」の発明に至ります。

しかし時すでに遅し。皮肉にも「Dメール」が原因で岡部倫太郎たちはSERNに命を狙われるようになります。

この「α世界線」における衝撃の結末。それは──。

4.世界線は収束する

8月中旬。

突如、岡部倫太郎のラボ「未来ガジェット研究所」がSERNに襲撃を受け、椎名まゆりは命を落とします。

岡部倫太郎は咄嗟に自ら開発した「タイムリープマシン」でタイムリープを行い、椎名まゆりの死を回避すべく、現在の記憶を過去へと飛ばします。

しかし何度やっても結果は同じ──。8月中旬、椎名まゆりは必ず死に至ります。

世界線を移動しても記憶を保持し続ける能力──リーディングシュタイナー(運命探知の魔眼)

この原因不明の能力に、岡部倫太郎は苦しめられていきます。

何度タイムリープをしても決して抗うことのできない、「椎名まゆりの死」という運命。誰も知ることのないこれから起こる悲劇と孤独感。絶望の世界線──。

こうして岡部倫太郎は、椎名まゆりの死を何度も目撃していきます。

5.岡部倫太郎と牧瀬紅莉栖

秋葉原の人混みの中で、為す術がなく一人佇む岡部倫太郎。

岡部「タイムマシンを作ろうなんて言わなければよかった……。俺のせいで……まゆりは……!!」

刻々と椎名まゆりの死へ近づく時間という運命の前に、岡部倫太郎は絶望します。

岡部「俺はどうすればいい……」

ラボを飛び出していった岡部倫太郎を探しに来た牧瀬紅莉栖がそこにいた。
これから起こる悲劇を知るはずもない牧瀬紅莉栖に、藁をも掴む思いで助けを求める岡部倫太郎。

紅莉栖「行こう。まゆりは大切な仲間よ。私だって助けたい」

そう言って牧瀬紅莉栖は、岡部倫太郎に手を差し出した──。

二人は椎名まゆりを救うべく、今いる「α世界線」から、元いた「β世界線」へ戻ること決意します。しかしそれは同時に──牧瀬紅莉栖の死を意味する

椎名まゆりの死か、それとも牧瀬紅莉栖の死か。岡部倫太郎の選択は、果たして──。

…………。

……。

●●●
Keigo

そして物語は最終章へ。

世界線移動の原因と唯一の世界線とは

そもそも、なぜ物語の序盤で「β世界線」から「α世界線」への世界線の移動が起こったのか?

実は、中鉢博士の記者会見の日に岡部倫太郎が橋田至に送ったメールが「Dメール」そのものでした。

メールの送信時、橋田至は偶然にも自分の携帯電話を電話レンジ(仮)につないで改良を行っていました。その偶然が重なり、意図せず「Dメール」となり世界線の移動が起きたのです。

偶然送られた「Dメール」は、世界中の通信を傍受するシステム「エシュロン」に捉えられ、しばらくしてSERNがそれを察知し、未来ガジェット研究所の「電話レンジ(仮)」、後の「タイムリープマシン」の存在を知られてしまいます。

1.タイムマシンの存在

作中の阿万音鈴羽によると、本来、世界線の移動は「Dメール」や「タイムリープ」では不可能です。

ただし、以下のような世界に大きな事件が起こる分岐点がある年は世界線の移動が可能です。

  1. 1991年:湾岸戦争
  2. 2000年:2000年問題
  3. 2010年:タイムマシン開発

そう、岡部倫太郎が作り出したタイムマシンこそがすべての元凶であり「β世界線」においては第三次世界大戦の引き金となってしまうのです。まさに、開けてはいけないパンドラの箱。

岡部倫太郎は、自分の興味本位で作ってしまったタイムマシンが、ここまで世界を揺るがす大きな事件とは微塵も思っていなかったのです。

2.α世界線とβ世界線

ここで、2つの世界線とその末路を比べてみます。

世界線 牧瀬紅莉栖 椎名まゆり 2036年 タイムマシン
β 死亡 生存 第三次世界大戦が勃発

牧瀬紅莉栖の理論でSERNが開発

岡部倫太郎が開発

α 生存 死亡 SERNがディストピアを構築

牧瀬紅莉栖がSERNにおいて開発

橋田至が開発

当初、椎名まゆりと牧瀬紅莉栖のどちらを救うのか、という究極の選択をプレイヤーに強いられる作品かと思ったのですが、これには続きがありました。

3.シュタインズ・ゲート世界線

β世界線の未来から、第3次世界大戦を阻止するために来た阿万音鈴羽が現れ、岡部倫太郎にこう告げます。

鈴羽「私が受けたミッションは一つ。牧瀬紅莉栖を救い、アトラクタフィールドの影響を受けない唯一の世界線、シュタインズ・ゲートを目指せ」

ここでタイトル回収。この展開が熱すぎます。プレイしているときの鳥肌が半端じゃないです。

世界線 牧瀬紅莉栖 椎名まゆり 2036年 タイムマシン
STEINS;GATE 生存 生存 不明 存在しない

「α世界線」でも「β世界線」でもない唯一の世界線、STEINS;GATE。

そこでは椎名まゆりも、牧瀬紅莉栖も死ぬことはない──。果たして岡部倫太郎はシュタインズ・ゲートに辿り着けるのか──!?

長くなってしまいましたが、結末以外はざっとこんな感じです。

あとは是非、ゲームをやるか、アニメを観てみてください!

●●●
Keigo

ちなみに「STEINS;GATE 0」は牧瀬紅莉栖を救えなかった「β世界線」でのストーリーです。

素晴らしさその1:設定の作り込みが半端じゃない

さあ、ここからが本題です。笑

「STEINS;GATE」の魅力を挙げたらキリがありませんが、一番の魅力を強いて言えば、とにかく最初から最後まで丁寧に練り込まれた設定(ストーリー)です。

先程、本編の振り返りで説明したとおり、プレイヤー(視聴者)が予想がつかない展開が次々起こり、衝撃の嵐が巻き起こります。

  • 2010年の秋葉原という舞台
  • 厨二病の大学生
  • 魅力的なキャラクター
  • タイムマシンというSF要素
  • 世界線による膨大な分岐の存在
  • STEINS;GATE世界線に辿り着くまで伏線と回収

物語のメインの部分だけでもこれだけの要素が物凄く丁寧にまとめられているが驚愕です。演出による魅せ方も非常に上手く、続きが気になって止まらなくなります。

さらに、終盤に向かってシリアスなシーンが多いのがこの作品の特徴でもありますが、本筋のギャルゲー要素がしっかり裏で働いているという、実は基本に忠実な王道ギャルゲー作品でもあります。

また、声優さんの演技や演出、独特な雰囲気の音楽も相まって、どんどん作品にのめり込んでしまいます。

僕は気がついたらゲームをやり終えていたので……本当に凄い作品ですよ。笑

ゲームをやり終えた後の達成感、爽快感、虚無感、カタルシス。本当に一週間くらい動けなくなります。まるでクラナド2期の18話見たあとのように……。笑

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥16,296 (2019/12/16 05:08:29時点 Amazon調べ-詳細)

素晴らしさその2:芸術すら感じる伏線回収

「伏線」とは、後の展開に備えて、予め前のほうで仄めかすことです。

あらかじめ印象的な出来事があり、後にそれを思い出させたときにそれが何を意味するのかが明白、かつ、ストーリー上の重要性を見い出せることで、作品を盛り上げるわけです。

そのためには視聴者が読み取ってくれていることが前提で、当然ですが、初めてゲームプレイしている、アニメを見ている側は、伏線には気が付きません。

「STEINS;GATE」の面白さの核心には、まさにその伏線と回収にあります。

それもそのはず。

序盤の序盤からそれ自体が物語の核心だと誰が気付くことでしょう。

本作の終盤が、序盤に起きた出来事と結び付く瞬間があります。その瞬間こそが「STEINS;GATE」の醍醐味であり、「記憶を消してもう一度プレイしたいゲーム・アニメランキング」上位に位置する理由でもあるのでしょう。

序盤で伏線が貼られていて、終盤に向かって綺麗に回収していくその一連の流れには、冗談ではなく、もはや芸術すら感じます。

未プレイ・未視聴の方は是非、ゲームをプレイして、アニメを見てみてください。この伏線回収の素晴らしさを理解するには体験したほうが早いです。

素晴らしさその3:岡部倫太郎 & 牧瀬紅莉栖というキャラ

とりわけ個性あるキャラクターがたくさん登場するこの作品ではありますが、この二人の存在ほど「STEINS;GATE」を愛してやまない理由はないでしょう。

岡部倫太郎

  • 本作の主人公
  • 18歳
  • 東京電機大学の大学生一年生
  • 自称、マッドサイエンティスト

彼の言動は「厨二病で痛々しい」という設定です。これには訳があるのですがその理由は本作の裏側に隠されています。

高校時代は友達がほとんどいなかったという橋田至の台詞から、岡部倫太郎は周りの人にとっては存在感ある人物ではなかったと予想できます。

未来ガジェット研究所のメンバーを増やし、ラボの仲間たちとコミュニケーションをしている彼の言動を見るに、かなり魅力ある人物です。

鳳凰院凶真という名の下に行動している岡部倫太郎の会話の切り返しやノリ、咄嗟の反応が面白すぎて「むしろなぜ友達が少ないんだ?」と疑問に思うほどです。笑

一見すると、愛すべき馬鹿。笑

しかし本編を通して、実は友達思いの優しい心の持ち主で、時には勇気ある行動ができる人格者であることが明らかになります。

日常ではふざけてまくっていますが、いざとなったときの真剣モードへの切り替わりに驚きます。というか、声優さんの演技が凄まじいです。

そんな岡部倫太郎を変えたきっかけが、牧瀬紅莉栖の存在です。

牧瀬紅莉栖

  • 本作のメインヒロイン
  • 17歳
  • ヴィクトル・コンドリア大学脳科学研究所所属研究員高名な科学雑誌にも論文が掲載されるほどの頭脳をもつ天才少女。

皮肉にも、彼女の存在が世界の運命そのものを変えてしまいます。

性格は一見クールな彼女ですが、実は好奇心旺盛な実験大好きっ娘。物事を冷静に分析する癖があり、周囲から冷たく見られることも……。

自分の頭脳や若さに嫉妬や理不尽な怒りを向けられる環境に置かれていた為、常に隙を見せないようムスッとした表情をしている、という天才ゆえの苦悩が伺えます。

「友達が少ない」という意味ではある意味、岡部倫太郎との共通点の一つでもあります。

作中において、牧瀬紅莉栖は岡部倫太郎と幾度となくからかわれ、挑発され、論破し、言い争います。容赦ないツッコミとその勢いには笑いが止まりません。たまに変なことを口走って場を凍りつかせることもありますが、素直にお礼が言えなかったり……と、実にテンプレートなツンデレです。

また、岡部倫太郎と同様、仲間思いでノリがあり、勇気がある行動を取れる人物でもあります。

ゲーム・アニメにおいて、この二人のやり取りを見る場面が多く、次第に仲が深まっていく瞬間をプレイヤーや視聴者は目の当たりにします。

ちなみに僕は、牧瀬紅莉栖が自分で冷蔵に用意していたプリンを岡部倫太郎に勝手に食べられたときの「牧瀬プリン」のくだりがたまらなく好きです。笑

●●●
Keigo

プリンを見るといつも思い出す!笑

互いに互いを思っているからこそ、終盤の岡部倫太郎の選択は辛いものであり、牧瀬紅莉栖としても自分を犠牲にするしかない、と考えるのでしょう。

日常パートの何気ない会話、タイムマシンの研究、という場面から、どうやらパンドラの箱を開けてしまったと気付かされる過去改変による世界変動。

二人の運命が果たしてどうなるのか、プレイヤーや視聴者は釘付けになってしまうわけです。

素晴らしさその4:独特な世界を表す音楽

これを抜きにシュタインズ・ゲートを語れないくらい、音楽の力は素晴らしいです。

●●●
Keigo

ゲームの音楽を主に担当しているのは、阿保剛さんです。

created by Rinker
メディアファクトリー
¥3,080 (2019/12/15 17:30:24時点 Amazon調べ-詳細)

代表曲はやはり、サントラの1曲目に収録されているのメインテーマ「Gate of Steiner」でしょう。

●●●
Keigo

サビのメロディが美しすぎる

不気味なイントロから始まるマイナーキーの楽曲。曲中で何度か転調が行われ、また元のキーに戻ってきます。

ここぞというときに用いられるこの曲は、まさに「STEINS;GATE」にふさわしい楽曲です。

他にも、阿保さんならではのシンセサウンドを駆使した楽曲もたくさんあります。とても独特な世界観があって大好きな曲ばかりです。

ちなみに、「STEINS;GATE 0」のサントラもあります。

created by Rinker
メディアファクトリー
¥3,406 (2019/12/16 09:56:00時点 Amazon調べ-詳細)

素晴らしさその5:海外でも愛されまくっている

「STEINS;GATE」の続編「STEINS;GATE 0」のサントラ曲に『Messenger』という曲があります。

ゲーム発売当初、この曲に感動してYouTubeにピアノ動画をアップしたのですが、コメント欄が英語で埋まりまくっていて、「STEINS;GATE」は外国人にも絶賛されている人気作品なのだと実感しました。

おわりに

21世紀における素晴らしい作品ベスト10に入っても不思議ではない完成度を誇っていると僕は自負していますが、いかがでしょうか。

アニメのランキングでも必ず「コードギアス」と並んで上位にくるのも頷けるなあという感じです。

個人的な思い出補正も少々あると思うのですが、それを差し引いたとしても、まだゲームをやっていない方とかアニメを観ていない方にはぜひおすすめしたい作品です。

サントラ曲をいくつかピアノで弾いているのでよかったら聴いてみてください。

GATE OF STEINER – Piano –

Promise – piano –

Christina I

Believe me -zero-

Messenger from zero

星の奏でる歌 – Piano – 

番外編:意外と多いタイムリープもの

ついでなので「タイムリープ/トラベル」を題材としている作品を調べてみました。

「タイムリープ」系は最近のゲームやアニメでは流行りなのかなあ、と思っていましたが案外そうでもありませんでした。

関連作品を挙げたらきりがないのですが、主な作品を上げておきます。

アニメ

・うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー(1984)
・クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦(2002)
・ゼーガペイン(2006)
・ひぐらしのなく頃に(2006)
・涼宮ハルヒの憂鬱(2006)
・時をかける少女(2006)
・ルパン三世 霧のエリューシヴ(2007)
・まどマギ(2011)
・STEINS;GATE (2011)
・未来日記(2011)
・リトルバスターズ!(2012)
・メカクシティアクターズ(2014)
・失われた未来を求めて(2014)
・バディ・コンプレックス(2014)
・パンチライン(2015)
・Charlotte(2015)
・Re:ゼロ(2016)
・オカルティック・ナイン(2016)
・僕だけがいない街(2016)
・orange(2016)
・君の名は(2016)
・サクラダリセット(2017)
・STEINS;GATE 0(2018)

実写映画・ドラマ

・戦国自衛隊(1979)
・バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985)
・恋はデジャ・ブ(1993)
・君といた未来のために 〜I’ll be back〜(1999)
・タイムマシン(2002)
・仮面ライダー龍騎(2002)
・バタフライ・エフェクト(2004)
・バブルへGO!!(2007)
・プロポーズ大作成(2007)
・月曜日が来ない(2008)
・BALLAD 名もなき恋のうた(2009)
・ミッション: 8ミニッツ(2011)

漫画

・漂流教室(1972)
・火の鳥 異彩編(1981)
・代紋TAKE2(1990)
・JIN―仁―(2000)
・リプレイJ(2001)
・テルマエ・ロマエ(2008)
・進撃の巨人(2009)

ゲーム

・クロノ・トリガー(1995)
・この世の果てで恋を唄う少女YU-NO(1996)
・カオスシード〜風水回廊記(1996)
・仙窟活龍大戦カオスシード(1998)
・テイルズ オブ ファンタジア(1997)
・ドラゴンクエスト7(2000)
・ゼルダの伝説 ムジュラの仮面(2000)
・高機動幻想ガンパレード・マーチ(2000)
・マブラヴ(2003)
・ひぐらしのなく頃に(2002)
・CROSS†CHANNEL(2003)
・斬魔大聖デモンベイン(2003)
・タイムリープ(2007)
・レイトン教授と最後の時間旅行(2008)
・スマガ(2008)
・STEINS;GATE (2009)
・STEINS;GATE 0(2011)
・Life Is Strange(2015)
・ドラゴンクエスト11(2017)

おわりに

アニメ「STEINS;GATE 0」の放送が素晴らしすぎて、このような記事を作ってみました。

ゲームや小説など、関連作品がたくさんあるのでそちらも要チェック!

●●●
Keigo

Instagramのフォロー (@type00k) よろしくお願いします!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

シュタインズ・ゲート ゼロより、「星の奏でる歌」をピアノアレンジしました。

Keigoさん(@type00k)がシェアした投稿 –

created by Rinker
¥15,855 (2019/12/16 05:08:32時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
5pb.
¥1,550 (2019/12/16 05:08:33時点 Amazon調べ-詳細)

人気記事【4年使用】YAMAHA「HS5」3万円で買える定番・最高のモニタースピーカー

人気記事『AKG K240 Studio』は本当に「買い」なのか?