『AKG K240 Studio』は本当に「買い」なのか?

2018年6月11日

●●●
Keigo

なんだかんだでプロケーブル好きなKeigoです!

オーディオ関連の機材をネットで調べると、必ずと言っていいほど検索の上位に出てくる「PRO CABLE」というサイトがあります。こちらではスピーカーやアンプはもちろんのこと、電源ケーブルや電源タップなど、オーディオ機材に関する蘊蓄(うんちく)を独自の視点で語っているオーディオ専門のお店です。

お高いオーディオ関連商品をズバズバ切っていき、「本当に良いのはこっちの安い市販品だよ!」と、ケーブルや電源などジャンルごとに最良の商品を紹介するスタイルで、読みものとしてもなかなかどうして面白いです。

どうやら、商売上手の営業マンが高額な自社製品を猛プッシュして売上に貢献する、という感じではないらしく「良いものは良い」という口調で、おおかたは安い他社製品の紹介が多い印象です。

電源タップ電源トランスなど一部の製品は自社で生産しているようで、ネットでざっと調べてみるに評価は良いみたいです。

▼プロケーブルの電源タップ。

created by Rinker
プロケーブル
¥11,000 (2019/07/18 07:31:54時点 Amazon調べ-詳細)

▼プロケーブルの電源トランス。

created by Rinker
プロケーブル
¥74,800 (2019/07/18 07:31:55時点 Amazon調べ-詳細)

オーディオ機器という個々人で評価が変わってしまうものを断定的に格付けするそのスタイルは見ていて爽快な反面、オーディオ界隈では一部、賛否両論ある(?)ようです。

というのも、何百万円もする商品よりも数万円で手に入るこっちのアンプほうが良いとか、何万円もする壁コンセントより、490円で手に入るパナソニックが最高だ、とか。

created by Rinker
パナソニック
¥308 (2019/07/18 07:31:55時点 Amazon調べ-詳細)

何年も高級オーディオに投資してきた人からすれば、「そんな安物で良い音が鳴るはずがない」と言いたくなるのも頷けます。

しかしいろいろなレビューを見るに、どうやら「全く的外れのオカルト!」というわけでもないようで、とにかくサイトの文字情報だけではなんとも言いようがない、けれど良い音は求めたい、という少々もどかしい気持ちにもなってきます。

僕としては、商品の是非がどうであれ何種類も色々な機材を買って試すことはできないので、無料でオーディオ関連の情報が手に入るという意味ではとてもありがたいことだと思っています。

そんなこんなで先日、PRO CABLEのサイトでこんな一文を見つけました。

またしてもオーディオの悪癖!、高いもののほうが良かろうと、K240mk2のほうを購入しているかたがおられる事が分かってまいりました。高いものは、ダメなケースのほうが多いのだと、割り切って考えて下さい!

「ヘッドホンとイヤホンの最終回答!」 PRO CABLE

created by Rinker
AKG
¥11,688 (2019/07/18 07:31:56時点 Amazon調べ-詳細)
●●●
Keigo

え、ちょっと前にK240mkII買っちゃった。笑

こちらの記事もどうぞ!

icon-hand-o-right 「AKG 『K240 MKII』 購入、装着、最高」

AKGスタジオモニターシリーズ

安くて良いモニターヘッドフォンとして有名なのが、AKGのモニターヘッドフォンシリーズです。

以下、サウンドハウスのサイトにある比較表です。

僕が以前、購入したのが表の中央、『K240MKII』。PRO CABLEが推していたのが左側の『K240 Studio』です。密閉型の『K271MKII』というのもあるみたいです。

基本的に大きさや重さは変わりませんが、付属品や性能が少し違うようです。

僕が以前使っていたSONYの『MDR-CD900ST』も密閉型なのですが、ミキシングをするときに楽器の定位(パン)が判断しづらかったので密閉型からセミオープンに買い替えました。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥15,984 (2019/07/18 07:31:57時点 Amazon調べ-詳細)

しばしば、DTM初心者に最適なヘッドフォンとしてCD900STが薦められていますが、個人的には微妙な選択だと思います。

CD900STは、録音用ヘッドフォンとしての最低限の機能を備えつつ、耐久性や入手性、価格、長い発売、修理のしやすさなどの理由からスタジオで選ばれているように思います。それはそれで素晴らしいです。

が、やはり上手くバランスが取れませんし、物理的にも耳が痛くなります。あと決してミックスやリスニング用ではないです。

用途によってスピーカーやヘッドフォンを使い分けできればそれが一番良いのですが……最近のCD900STは神格化しすぎている気配すらあります。

K240 Studioがヘッドフォンの最終回答!?

PRO CABLEの「ヘッドホンとイヤホンの最終回答!」というページにはこうあります。

(AKG K240 Studioは)8000円少々で、6万円のゼンハイザーを軽く超えます!

本当か? と疑心暗鬼になりつつ、続けて、

(K240MKIIは)Studioには劣りますので、ご注意下さい

とくる。表を見るに、スペックも価格帯もほとんど変わらない。うーん、本当か? 笑

さらにページをスクロールしていくと『K240 Studio』のレビューがあり、購入者と思われる人が皆、この商品を褒めちぎっている。

created by Rinker
AKG
¥9,490 (2019/07/18 07:31:57時点 Amazon調べ-詳細)
●●●
Keigo

なんだか逆に怖くなってくる。笑

「AKG K240 Studio」を買ってみた

K240MKII」を購入してから1年しか経っていませんが、結局「K240 Studio」に買い替えました。いやー、僕はどこまでいっても日本人だ。皆が良いと思うものを自分も欲しいと思う。笑

というわけで早速、サウンドハウスで購入して、届きました。

●●●
Keigo

付属品がシンプル!

ついでにPRO CABLEが推していたノイマンのヘッドフォン用ケーブルも買ってみました。笑

●●●
Keigo

自分で試してみないと本当に良いのかわからないからね!

『K240MKII』に比べてずいぶん簡素な箱に入っていました。

色はブラック X ゴールドです。

今までシルバーだったので見た目に若干違和感はありますが、そのうち慣れると思います。

●●●
Keigo

1週間で慣れた!笑

果たして結果は?

正直に言うと、よくわかりません。笑

プロケーブルが推奨しているほど驚愕するほどの変化はありませんでした。多少、音が落ち着いた感じがする……ような、しないような。

異なる製品なので、厳密な検証をしたら違うのは確かだと思いますが、そもそも「K240MKII」と「K240 Studio」は基本的な構造が似ていますし、直前まで「K240MKII」を使っていた僕からすると違いは微々たるところです。

サウンドハウスに徹底比較のページがあったので、見てみましょう。

「K240MKII」は、ふむふむ、モニター用から音楽鑑賞用まで幅広いと。なるほど、まあそうかもしれない。

では、「K240 Studio」はどうだろう。

うーん、そんなに変わらないと思う。笑

もちろん、厳密に比べていませんし、購入者さんたちがどのような環境のもとでレビューされたのかはわかりません。僕の再生環境が良くないからかもしれないし、聴き分ける耳の問題かもしれない。

ただ、700円くらいで買える安いイヤホン等からこれに乗り換えたら絶対に音が良くなるのは確かです。笑

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥727 (2019/07/18 08:24:04時点 Amazon調べ-詳細)
●●●
Keigo

価格差は付属品や化粧箱の違いなんじゃないかなあ?(多分、正解。笑)

僕の最終回答「K240 Studioはコスパが良い」

直感では「K240MKII」から「K240 Studio」ではあまり変わらない、というのが僕の最終回答です。

純正ケーブルをノイマンに替えてみたのですが、こちらもそこまで変わった気がしない……。したと言われればしたかもしれない。強いて言えば、音がまろやかになった気がする。いや待てよ、これまさか「プラシーボ効果」ってやつでは……。

いや、といって特に問題があるわけでもなく普通に良い商品だと思います

created by Rinker
AKG
¥9,490 (2019/07/18 07:31:57時点 Amazon調べ-詳細)

セミオープンのため音が漏れる仕様ですが自室で使う分には問題ありませんし、定位も分かりやすく、特定の周波数が強調されていることもない。

言うまでもないですが音楽制作する人にとって、低音域から高温域までフラットな「普通の音」が出るのことはとても重要です。そういう意味で、普通の音が出るこのヘッドフォンは良い商品です。値段も7000円弱と安いので一台持っていても良いのではないかと思います。

より厳密なフラットを求めるならばこれより性能の優れた商品はありますが、価格帯と入手性を考えたら、むしろ初心者こそ「K240 Studio」が良いのではないかと思います。もちろん、楽器などを録音するなら密閉型一択です。

ただ、インピーダンスが低い(55Ω)ので、かなりボリュームを上げないと音が小さくなるので注意が必要です。スピーカーとヘッドフォンでそれぞれ出力ボリュームを調整できるなら問題ないですが、まとまっているとボリューム調整が少し面倒に感じるかもしれません。

●●●
Keigo

ヘッドフォン入門機にすごく良いと思う!

ただ、「ヘッドホンとイヤホンの最終回答!」の冒頭で、以下のような注意すべき記述があります。

ヘッドホンというのは、実は「音の焦点」の調整が、当然ですが、効きません。これが何を意味するのか、理解していないかたが多すぎます。
(中略)
誤解してはなりません。ヘッドホンもイヤホンも、「お遊びのもの」に過ぎません。それをまずは認識してください。そのうえで、最良のものを紹介させていただきます。

というわけで、オーディオはあくまで「スピーカーありき」だということです。まあ、そのとおりだと思います。笑

ヘッドフォンやイヤフォンはどこまでいっても、どんなに高いものでもスピーカーの音には勝らないです。臨場感や空気感、まるで目の前で楽器の音が聴こえてくる感覚は、スピーカーだからこそ味わえるのではないでしょうか。

モニター用のヘッドフォンを購入される際は、それを踏まえて検討されると良いと思います。

おわりに

icon-check まとめ

●AKGのモニター用ヘッドフォンシリーズは安い
●PRO CABLEによると「K240 Studio」が最も良い選択らしい
●PRO CABLEによると「K240MKII」は「K240 Studio」に劣るらしい
●「K240MKII」から「K240 Studio」に買い替えた僕の感想は「正直あまり変わらない」
●オーディオは「スピーカーありき」ということを忘れてはいけない

いかがだったでしょうか。

今回は『AKG K240 Studio』について紹介しました。

CD900STに比べ、耳への締め付けもなく、本体も軽いので長時間付けていても疲れません!

PRO CABLEの主張の是非は、ヘッドフォンを買ったくらいの僕にはわかりませんでしたが、今ではとても良い買い物をしたと満足しています!

「K240 Studio」、ぜひ検討してみてください!

▼2019年5月現在も使用しています!

それでは!

こちらの記事もどうぞ icon-hand-o-right 【DTM・PCオーディオ入門】スピーカーとオーディオインターフェースで世界が変わる!
icon-hand-o-right 【オーディオインターフェイス】「UA55」から「UR22mkII」へ買い替えレビュー
icon-hand-o-right MIDIの打ち込みをリアルなピアノ演奏にする方法と具体的な手順
icon-hand-o-right MIDIで打ち込みしたピアノソロの音作りとミキシング、マスタリングを考える
icon-hand-o-right 【4年使用】YAMAHA「HS5」3万円で買える定番・最高のモニタースピーカー

▼プロケーブル推奨のAKG「K240 Studio」

created by Rinker
AKG
¥9,490 (2019/07/18 07:31:57時点 Amazon調べ-詳細)

▼AKG「K240 MKII」

created by Rinker
AKG
¥11,688 (2019/07/18 07:31:56時点 Amazon調べ-詳細)

▼プロケーブルの電源タップ

created by Rinker
プロケーブル
¥11,000 (2019/07/18 07:31:54時点 Amazon調べ-詳細)

▼プロケーブルの電源トランス

created by Rinker
プロケーブル
¥74,800 (2019/07/18 07:31:55時点 Amazon調べ-詳細)