【750Ti】冷却ファンの音が気になったので外してみた

2018年1月15日

●●●
Keigo

どうも、Keigoです!

前回の記事「原因不明! グラフィックボード『ASUS 750Ti』のファン暴走が止まらない」の続きです。

ファンの音が気になるなら……

翌日、一度気にしだすとあまりにもファンの音が耳障りになってしました。

▼ふと、「ファンだけ取り外せば良いんじゃないか?」と思い、試してみました。

▼ファンの奥にある4つの小さいネジをドライバーで外していきます。

▼ファンのコネクタを外していきます。ただ、これが厄介でした。

両サイドに爪があって簡単に外れない構造になっています。隙間が小さく、押せる工具がマイナスドライバーかボールペンか爪楊枝くらいしかなかったので10分近く格闘していました。

▼結局、ニッパーがなかったのでギターの弦を切る「ストリングスカッター」でケーブル側のコネクタを挟んで、折れないようにしたら抜けました。

▼今回の主役

▼そんなこんなでファンだけを取り外すことができました。あとはいつものようにマザーボードに挿し直すだけです。

気になるのは温度

冷却ファンを外したことでグラフィックボードGPUの温度の上昇が懸念されます。

アイドリング時の温度を監視ツール「HWMonitor」で比較してみました。

・ファンあり → 23度
・ファンなし → 41度

やはりファンがないと温度が上がりますね。ただ、非常に快適になりました。無音ですからね。

気になるのであれば新品のファンを交換すれば良いのですが、『750Ti』が数年前のモデルということもあり国内での価格はかなり高騰しています。

ちなみに型番は「FD8015U12S」です。

今では海外のネットショップでは5ドルほどから売られているみたいなので検討しているところです。

▼ASUS「RTX 2060」

▼ASUS「RTX 2080Ti」