【キノの旅-the Beautiful World- the Animated Series-】やなぎなぎ『砂糖玉の月』のコード譜と楽曲分析

2017年11月12日

●●●
Keigo

どうも、Keigoです!

「キノの旅-the Beautiful World- the Animated Series」、やなぎなぎの「砂糖玉の月」のコード進行と簡単な解説を書いていきます。

楽曲概要

・作詞/作曲:やなぎなぎ
・編曲:山羽良彰
・Key of D minor → Eb minor
・4分の3拍子
・テンポ:99

「砂糖玉の月」のコード譜

●イントロ(0:00~)
| Dm | Am | Bb | Bb |

●A(0:07~)
| Dm | Am | Bb | F |
| Dm | Am | Bb | C |

●B(0:22~)(D minor → C minor)
| Bbmaj7 | C | Am7 | F |
| Bb | Ab | Bb | G |

●C(サビ)(0:36~)(→ Eb minor → C major → Eb minor)
| Bmaj7 | Db | Bbm7 | B6 |
| Abm7 | Bbsus4 |
| Cm7 | Abmaj7 | Gm7 | Cm7 |
| Abmaj7 | Gm | Fm | Bb |
| Cm7 | Abmaj7 | Gm7 | Cm7 |
| Bmaj7 | Db | Ebm | Bbm7|
| Bmaj7 | Db | Absus4 | Absus4 |

簡単な楽曲の解説

やなぎなぎさんの世界観がよく表れている楽曲ですね。
編曲のストリングスの対旋律もとても美しいです。

この楽曲はピボットコードなど、転調が4回あるので分析が少し大変ですね。

まず、Bメロの5小節目のBbはKey of DのbVIかと思いきや、主旋律のbE音や後のコードを考えるとKey of CのbVIIと考えられます。後半の4小節はKey of C minor扱いすると分かりやすいですね。ちなみに、GコードはCのハーモニックマイナーやメロディックマイナーに出てきます。

Cメロのサビは突然転調なので分かりやすいですね(その前のGコードで転調感満載ですが)。もちろん、Bメロの半音上で主旋律を歌っています。

曲中sus4コードのブレイクで、同主調のE majorへの転調と考えると良いでしょうか。それとも、Eb minorからC minorに転調したと考えても良さそうです(Bメロで一度転調しているので)。two fiveの「Fm Bb」の考え方次第でキーが決まりますね。ただ、見慣れているC minorのほうが演奏しやすいと思います。やなぎなぎさんがどのように考えたのか、わたし、気になります。

やはり転調は考え方単調なようで難しいですね。特にマイナーキーが出てくると注意が必要です。正直、今回はあまり自信はありません(汗)。

補足

・Key of Eb minorの場合、サビの頭のコードは「Cbmaj7」と表記すべきですが、単純に見づらい(異名同音)なので分かりやすく「Bmaj7」と表記しています。初見だとそのコードの意味がよく分からなくなりますが。

・A、BメロのKey of D minorの半音上なので、Key of D# minorとしたいところですが、途中の転調でメジャーキーに変わるので、Key of Ebとしました(Key of D# majorはダブルシャープが出てくるので見づらいため)。

ブラフシューペリアのSS100が美しすぎて鼻血が出る。

アレンジしてみた

楽譜のダウンロードはこちら

MIDI打ち込みでピアノアレンジしてみました。

▼ 砂糖玉の月

▼ キノの旅 the Beautiful World

created by Rinker
¥572 (2019/07/18 00:36:28時点 Amazon調べ-詳細)