Bill Evans 『A Time for Love』のコード進行と楽曲分析

2017年5月23日

●●●
Keigo

どうも、Keigoです!

Bill Evansのソロピアノ、「A Time for Love」のコード進行と簡単な解説を書いていきます。

楽曲概要

1968年に発売されたソロピアノアルバム「Bill Evans Alone」の2曲目に収録されています。

アカデミー賞ベストオリジナルソングにノミネイトされた楽曲です。

・演奏時間5分4秒。
・キーはDメジャー。途中でBbに転調。
・テンポはミディアムですが、ルバート(演奏者の自由なテンポで弾く)。

「A Time for Love」のコード進行

●A テーマ(0:00~)
| Dmaj7 | Eb6/D | Dmaj7 | E7 |
| Em7 F#m7 | Gmaj7 C#7 | F# | C#m7 F#7 |

●B(0:23~)
| Bm7 | Eb7/Bb | Dmaj7/A | E7/G# |
| Gmaj7 F#m7 | Em7 Em7/D | C#m7b5 | F#m7 E#dim/B A#dim/C# |

●C(0:40~)
| Bm Gmaj7/B | Bm6 Bm7 Bmmaj7 E7 | Amaj7 C#7 |
| F#m7 F#7 | Bm7 Bm6/A | G#m7b5 C#7 | F#maj7 | Em7/D A7 |

●D(0:58~)
| Dmaj7 D7 | C#m7b5 G7 F#7 | Bm7 | E7|
| Em7 Fm7 | Gmaj7 A7 Ab7 | G7 | F#7 G7 G#7 |

●E(1:15~)
| Bm7 | Bmmaj7 E7 | Em7 F#m7 | Gmaj7 A7 |

●F(1:24~)
| D6 Dmaj7 Em7 | F#m7 Gmaj7 A7 Bm7 |
| Cm7 F/C Cm7 | F7 |

●A2(1:31~)
| Bbmaj7 Bb6 | F7/Bb | Bbmaj7 Abm7 | Gm7 C7 |
| Cm7 Dm7 | Ebmaj7 A7 | Dmaj7 | Am7b5 D7 |

●B2(1:45~)
| Gm7 | B7/F# | Bbmaj7/F | C7 | Cm7 Dm7 |
| Ebmaj7 | Am7 | D7 C#dim/G F#dim/A |

●C2 アドリブ(1:59~)
| Gm Eb/G | C7 | Gmaj7 A7 | Dm7 D7 |
| Gm7 Bb7/F | Em7b5 A7 | Dmaj7 D7 | Cm7 F7 |

●D2(2:13~)
| Bbmaj7 Bb7 | Am7b5 D7 | Gm7 Db7 | C7 |
|Cm7 | F7 | Eb7 | D7 |

●E2(2:26~)
| Gm7 | C7 | Cm7 | F7 |
| Bbmaj7 | Db7 | Gb7 | Cm7 F7 |

●A3(2:39~)
| Bbmaj7 | F7alt | Bbmaj7 | C7 |
| Cm7 Dm7 | Ebmaju7 A7 | Dmaj7 | Am7b5 D7 |

●B3(2:53~)
| Gm | F#dim | Gm7/F | Em7b5 |
| Ebmaj7 | Cm7 | Am7b5 | D7 |

●C3(3:05~)
| Gm6 Gm7 | Gmmaj7 Gm7 C7 | Fmaj7 A7 |
| Dm F#dim | Gm7 Gm7/F | Em7b5 A7 | Dmaj7 | Cm7 F7 |

●D3(3:17~)
| Bbmaj7 Am7B5 D7 | Gm | C7 | Cm7 |
| F7 E7 | Eb7sus4 Eb7 D7 sus4 | D7 Ab7 |

●E2(3:30~)
| Gm7 | Gb7 | F7 | F7 |
| Bbmaj7 | Ab/Bb Bb Cm/Bb Gm/Bb | Fm/Bb Em7 | Em7/A A7 |

●A4 テーマ (3:42~)
| Dmaj7 | Ebmaj7/D A7/D | D6 | E7 |
| Em7 F#m7 | Gmaj7 C#7 F# | F# | C#m7 F#7 |

●B4(3:54~)
| Bm7 | Eb7/Bb | Dmaj7/A | E7/G# |
| Gmaj7 F#m7 | Em7 Em7/D | C#m7b5 | F#7 E#dim/B A#dim/C# |

●C4(4:06~)
| B Gma7/B | Bm6 Bm7 Bmmaj7 E7 | Amaj7 C#7 | F#m7 F#7 |
| Bm7 Bm6/A | G#7b5 C#7 | F#maj7 | Em7 A7 |

●D4(4:20~)
| Dmaj7 | C#m7b5 G7 F#7 | Bm7 | E7 |
| Em7 F#m7 | Gmaj7 A7 Ab7| G7 | F#7 C#7 F#7 F#7 |

●E4(4:32~)
| Bm7 | E7 | Em7 F#m7 | Gmaj7 A7 |

●Ending(4:39~)
| Dmaj7 | Eb6/D | Dmaj7 | Eb7/D | Dmaj7 | Eb6/D |
| Dma7 C#m7 | Bm7 Am7 | Abm7 |

簡単な分析

テーマの主旋律は順次進行的でキャッチーな楽曲です。

テーマではそれぞれ2回同じ主旋律を繰り返しますが、始めのコードはメジャーから、後はマイナーからと、トニックを使い分けています。

メロディーへのコード付けが巧みで自然に転調していきます。特に、半音や全音下、または上からのベースアプローチ、メロディーに対するテンションの積み方が素晴らしいです。

Billのソロの特徴の一つとして「両手を駆使した多声部のハーモニー」があります。

例えば、最初のテーマのEm7は左手が10度届く大きさでないと再現できません。また、アドリブにも「ルート、7度、3度」の積みが頻繁に出てきます。

●●●
Keigo

指が届かないときは適当にずらすか、弾かない、というテクニックを発動!笑

おわりに

いかがだったでしょうか。

Billといえば「トリオ」ですが、ピアノソロも僕は大好きです。

Bill Evansの傑作ピアノソロ、「Bill Evans Alone」。是非聴いてみてください。