【機動戦士ガンダムNT】SawanoHiroyuki[nZk]:LiSA『narrative』のコード進行と楽曲分析

2018年11月18日

●●●
Keigo

どうも、Keigoです!

2018年11月30日より全国90劇場でロードショーとなる『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』の主題歌、SawanoHiroyuki[nZk]:LiSA『narrative』のコード進行と楽曲分析と簡単な解説を書いていきます。
『narrative』を収録した通算7枚目のシングルは11月28日リリースです。

楽曲概要

icon-check 歌:LiSA
icon-check 作曲・編曲:澤野弘之
icon-check Key of A minor
icon-check BPM:83

『narrative』のコード進行(YouTube版のため途中まで)

●イントロ
| Am | Fmaj7 | C | Gsus4 |
| Am | Fmaj7 | Em | Em |
| Am | Em | F | C |
| Dm | C/E | F | G |
| Am | Em | F | C |
| Dm | Em | Am | Am |
| Dm | Edim/Bb | C | Asus4 |

●A (Am → Dm)
| Dm7 | Bbmaj7 | Gm | Am |
| Dm7 | Bbmaj7 | Gm | Am |
| Dm7 | Bbmaj7 | Gm | Am |
| Dm7 | Bbmaj7 | Gm | Am |

●B
| Bb | Bdim | C | Am |
| Bb | C | Dm | E |

●C(サビ)(Dm → Am)
| Am | Em | F | C |
| Dm | C/E | F | Gsus4 |
| Am | Em | F | C |
| Dm | Em | Am | Am |
| Dm | Edim/Bb | C | Asus4 |

●A2(Key of Am →Dm)
| Dm7 | Bbmaj7 | Gm | Am |
| Dm7 | Bbmaj7 | Gm | Am |
| Dm7 | Bbmaj7 | Gm | Am |
| Dm7 | Bbmaj7 | Gm | Am |

●B2
| Bb | Bdim | C | Am |
| Bb | C | Dm | E |

●C2(サビ)(Key of Dm → Am)
| Am | Em | F | C |
| Dm | C/E | F | Gsus4 |
| Am | Em | F | C |
| Dm | Em | Am | Am |

●間奏(Key of Am →Dm)
| Am | F | C | G |

簡単な楽曲の解説

イントロのブレイクで不意打ち

イントロの出だし、アコギとピアノがそれぞれ異なるメロディを奏でています。4小節目の4拍目にベースのスライドが入り、その後ストリングスとドラムが炸裂するという展開。

ここで不意打ちです。なんと16分の休符があります。「ラーソドーラー」というバイオリンの主旋律(またはドラムのシンバル)の直前です。

リタルダンド(テンポを次第に落としてゆく表現方法)かとも思いますが、演奏者全員がしっかり休んでいます。

一瞬だけ音量差が出るので迫力がでます。澤野さんの曲ではサビ前によく出てきます。

ちなみに、リズムやメロディが一時的に停止した空白のことを「ブレイク」といいます。

●●●
Keigo

生演奏でキマルとかっこいい!

多分10人中8人くらいは気がついていない転調

この曲はKey of Am(イ短調)なのですが、AメロではいつのまにやらKey of Dm(ニ短調)になっています。

イ短調はラから始まる黒鍵なしのスケール、ニ短調はレから始まるシbのみ黒鍵のスケールです。

●●●
Keigo

演奏が楽!笑

AメロはDmから始まりますが、直前のコードはその5度上のAsus4です。DmはKey of Amのダイアトニックコード(IVm)ですが、Key of Dmとしてのダイアトニック(Im)でもあります。

あるキーとあるキーに共通したダイアトニックコードのことを「ピボットコード」といいます。転調においてよくあるテクニックで自然に転調できるのが特徴です

なかなか気がつきにくいですが、その後のBbmaj7がノンダイアトニックコードなので転調したと判断できます。

Bメロの最後はE。これ次5度下がAmなので、またKey of Amに戻ってきます。

補足:周波数帯と音圧の分析

楽曲分析とは関係ありませんが、音声ファイルをアナライザーで確認してみました。

YouTube用にマスタリングされたものなのでCDやダウンロード版では波形の形は多少変わると思います。

▼無料アナライザープラグイン「SPAN」。

一番音量が大きくなるサビ部分の周波数帯です。

100~200Hzあたりから綺麗にフラットに鳴っていて、3000Hzあたりから徐々に下がっていきます。

一般的に人間の聴覚は20~20000Hzの範囲で機能しますが、特に3000Hz付近の音が最もよく聴こえます

●●●
Keigo

YouTubeだと16000Hz以上の音はばっさりカットされるよ!

音圧も確認してみました。

▼Wavesのプラグイン「PAZ Analyzer」。

▼Aメロなどの音量が小さいところ

RMS(平均): -16付近
LUFS(平均): -10付近

▼サビ

RMS(平均): -8付近
LUFS(平均): -6.4付近

やはり音圧が高いですね。

アナライザーはPAZやCubaseのものを使いました。環境や設定によって多少の誤差は出ますので参考程度にしてください。

おわりに

今回も簡単にですがコード進行と楽曲分析を書いてみました。

澤野弘之 x LiSAによる、とてもクールで熱い楽曲。ライブで盛り上がること間違いありませんね!

「機動戦士ガンダムNT」も今から楽しみです!

●●●
Keigo

CD買ったよ! 次のライブの 抽選、当たると良いな!

<2018.12.26 追記>
抽選、当たりました!笑

<2019.03.06 追記>
チケット代を払うの忘れて行けませんでした!(絶望)

▼narrative/NOISEofRAIN

関連記事

筋トレに夢中で澤野弘之のライブに行けない僕の悲しい日