「ジョン・ウィリアムズ ウインド・オーケストラ・コンサート」に行ってきた!

2019年2月1日

Keigo

どうも、映画大好き、Keigoです!

2019年1月31日。「ジョン・ウィリアムズ ウインド・オーケストラ・コンサート」に行ってきました。

ハリウッドを代表する映画作曲家の巨匠、ジョン・ウィリアムズの有名曲を演奏するのは「東京佼成ウインドオーケストラ」。

プロの吹奏楽を聴きに行くのは初めてだったのでとても楽しみにしていました。

この記事ではそのコンサートについてお届けします!

内容

会場は東京赤坂「サントリーホール」

コンサートの会場は、東京赤坂にある「サントリーホール」です。1986年に会館した東京初のクラシック音楽コンサート専用設計です。

大ホールは2006席で、客席全体が舞台を囲むように作られています。ホール建設にあたり、指揮者のヘルベルト・フォン・カラヤンの助言も参考にされているそうです。

大ホール正面にはパイプが5898本もあるパイプオルガンが鎮座しています。

壁面の内装材にはウイスキーの貯蔵樽に使われるホワイトオーク、床や客席の椅子背板にはオークと、ふんだんに木を使用しています。

また、2009年11月にはバラク・オバマ大統領が東京で演説した場所としても有名です。

Wikipediaより「バラク・オバマの東京での演説」

ちなみに、サントリーホール 大ホールの音響特性は以下のようになっています。

・余裕のある豊かな響き
・重厚な低音に支えられた安定感のある響き
・明瞭で繊細な響き
・立体感のある響き
・残響時間は満席時、中音域で2.1秒

Keigo

1階の真ん中と、舞台全体を見渡すことができる最高の席でした!笑

ジョン・ウィリアムズの超有名曲の嵐!

ジョン・ウィリアムズは1932年2月8日生まれ、ニューヨークのクイーンズ出身の作曲家、指揮者で、数々の映画音楽を手がけてきました。

「ジョーズ」(1975)
「未知との遭遇」(1977)
「スーパーマン」(1978)
「E.T.」(1982)
「インディ・ジョーンズ」シリーズ(1981~2008)
「ジュラシック・パーク」シリーズ(93)
「スター・ウォーズ」シリーズ(1977~2019)
「ハリー・ポッター」シリーズ(2001~2004)

などなど、誰もが知る有名映画の音楽を作っています。

作曲を手がけた映画は140作品以上、アカデミー賞作曲賞では2019年現在までに51ノミネート、5度の受賞を誇ります。

また、アメリカ合衆国政府から全米芸術勲章を受賞された、まさに人間国宝です。笑

Keigo

凄すぎぃ!

16曲のプログラム

誰もが一度は聴いたことある有名曲ばかりです。以下、プログラム順に紹介します!

▼ プログラム1部

オリンピックファンファーレとテーマ(1984年ロサンゼルス五輪)

「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」よりレイダース・マーチ

「E.T.」より地上の冒険

「ジュラシック・パーク」サウンドトラック・ハイライト

「ハリーポッターと賢者の石」よりハリーの不思議な世界

「シンドラーのリスト」のテーマ(ヴァイオリン:松本蘭)

▼ プログラム2部

「スーパーマン」よりスーパーマン・マーチ

「JFK」のテーマ

「ターミナル」よりビクター・ナボルスキーの冒険(クラリネット:太田友香)

20世紀FOXファンファーレ(作曲:アルフレッドニューマン)

「スター・ウォーズ」よりメイン・タイトル

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」よりレイのテーマ

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」よりX-ウィングのためのスケルツォ

※スケルツォ……音楽軽やかでユーモアの気分がある、テンポの速い器楽曲。

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」よりレジスタンスのマーチ

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」よりジェダイステップ&フィナーレ

▼ アンコール

「スター・ウォーズ」より帝国のマーチ(ダース・ベイダーのテーマ)

音量ダイナミクスが広い曲ばかりなので吹奏楽の演奏者はとても大変です!笑

曲の合間には団員の休憩も兼ねて、解説者のよしひろまさみち氏がジョン・ウィリアムズについてのエピソードを解説してくださいました。少し緊張していると仰っていましたが、とても面白い解説で場を和ませてくれました!笑

「東京佼成ウインドオーケストラ」による迫力ある演奏

指揮者は渡邊一正さん。東京佼成ウインドオーケストラのよる演奏は、吹奏楽ならではの迫力で魂に訴えるような熱いものを感じました。

また、ゲスト演奏者の松本蘭さんによる「シンドラーのリスト」のソロヴァイオリンはとても美しく、よしひろまさみち氏が仰っていたように原曲を超えていました。笑

太田友香さんが演奏する、「ビクター・ナボルスキーの冒険」のクラリネットも、とても聴き心地がよく素晴らしかったです。

おわりに

いかがだったでしょうか。

今回は、東京佼成ウインドオーケストラが演奏する「ジョン・ウィリアムズ ウインド・オーケストラ・コンサート」について紹介しました。

なかなか生で聴く機会がなかったので今回のコンサートはとても良い時間を過ごせました。

ジョン・ウィリアムズが手がけた作品をまた視聴したいと思います。

それでは!

▼ジョン・ウィリアムズ/ベスト・セレクション

created by Rinker
ユニバーサル
¥1,623 (2019/11/15 02:02:25時点 Amazon調べ-詳細)